ニュース

CINRA主催『exPoP!!!!! vol.15』(入場無料)開催、aie、赤い疑惑、uhnellysら出演

CINRAが主催する入場無料のマンスリーイベント『exPoP!!!!!』の15回目が、6月26日(木)に渋谷o-nestにて開催される。今回の出演者は、aie、MUSIC FROM THE MARS、赤い疑惑、uhnellysの4組。

2006年にハードコアの聖地・柏で結成されたエモ系ロックバンド「aie(アイエ)」は、元々「ハードコア・シーンを変えるバンド!」と絶賛されたバンドFactor 2 Graceのメンバーを中心に結成されていたこともあり、2008年2月には早くもP-VINEからミニ・アルバムをリリースするなど、メキメキと頭角を現しているバンド。相対性理論やgroup_inouなどをピックアップしたMyspaceの企画「MyX」でも取り上げられるなど、耳の早いリスナーの間では知られた存在だ。

エクスポップ2回目の登場となるMUSIC FROM THE MARSは、キリンジなどと比較されることもある斬新なポップ・ミュージックをとびっきりのエネルギーで奏でてくれるバンド。今年4月、ベーシストに河野マーティー岳人(マヒルノ,etc)を迎え、更に強力なライヴを見せてくれる。

2005年に発表した1stアルバム『東京フリーターブリーダー』が各地で評判を呼び、その赤裸裸な歌詞とサウンドスタイルで注目を集めたバンド「赤い疑惑」。「パンクロック、ヒップホップ、レゲエ、アフリカ音楽、お囃子」など様々な音楽性を取り込みながらも、独特のセンスとユーモアで作り上げられた音楽は、一度聴けば忘れられない体験になるはず。

そして、7月9日にセカンド・アルバムをリリースするuhnellys(ウーネリーズ)は、ラップ&ベースを担当するkimと、女性ドラマーmidiの2人組。海外アーティストとの対バンやヨーロッパツアーなども行い、リリース以降は間違いなく注目を集めることが予想される二人組だ。

exPoP!!!!!のオフィシャルサイトでは、無料チケットの予約を受付中。

CINRA presents
『exPoP!!!!! vol.15』
2008年6月26日(木)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:渋谷O-nest
出演:aie、MUSIC FROM THE MARS、赤い疑惑、uhnellys
料金:無料(without 2Drinks)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像