ニュース

石野卓球、小宮山雄飛、カジヒデキら参加『マッハGoGoGo』トリビュートアルバム発売

放送終了から40年目を迎えるアニメ『マッハGoGoGo』が、映画『マトリックス』シリーズを手がけたウォシャウスキー兄弟によって実写映画『スピード・レーサー』として蘇るなど、世代を超えて話題を集めている同アニメのトリビュートアルバム『SPEED RACE JAPAN マッハGoGoGoトリビュート』が、8月27日に小宮山雄飛(ホフディラン)のトータルプロデュースにより発売される。

参加アーティストは、プロデューサーの小宮山雄飛をはじめ、石野卓球、カジヒデキ、音屋吉右衛門’寿(世良公則&野村義男プラス)、川辺ヒロシ(TOKYO NO.1 SOUL SET)、Kiiiiiii+DJ Codomo、クノシンジ、HALFBY、Fantastic Plastic Machineといったそうそうたるメンツ。『スピード・レーサー』の世界をカバー、リミックス、オマージュによる新曲全9トラック収録される予定だ。

本編にはトリビュート作品の他、アメリカ版主題歌、オリジナル版主題歌、エンディングテーマを収録、さらに初回盤にはオリジナル版アニメ第1話とPVが収められたDVDが付属される。

Various Artists
『SPEED RACE JAPAN マッハGoGoGoトリビュート』(初回限定盤 CD+DVD)
2008年8月27日発売
価格:3,500円(税込)
MUCD-8007 Dreamusic
収録内容:
・参加アーティストによるトリビュート
・US版アニメ主題歌
・マッハGoGoGoアニメーション第1話
・CD収録の新録音楽曲を使用したPV、1曲

Various Artists
『SPEED RACE JAPAN マッハGoGoGoトリビュート』(通常盤 CD)
2008年8月27日発売
価格:2625円(税込)
MUCD-1182 Dreamusic
収録内容:
・参加アーティストによるトリビュート
・オリジナル版アニメ主題歌
・オリジナル版アニメ エンディングテーマ
・US版アニメ主題歌

参加アーティスト:
石野卓球
音屋吉右衛門’寿(世良公則&野村義男プラス)
カジヒデキ
川辺ヒロシ(TOKYO NO.1 SOUL SET)
Kiiiiiii+DJ Codomo
クノシンジ
小宮山雄飛(ホフディラン)
HALFBY
Fantastic Plastic Machine

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像