ニュース

蒼井優主演作、ピエール瀧ら個性あふれるキャストも必見の女の子物語『百万円と苦虫女』

今やその抜群の演技力と空気感で若手女優のトップをひた走る蒼井優の単独主演作、『百万円と苦虫女』が、7月19日(土)より、シネセゾン渋谷ほか全国で公開される。監督は映画『さくらん』の脚本や『赤い文化住宅の初子』などの監督作で注目を集めるタナダユキ。

短大卒業後、就職もできずにアルバイト生活を送っている鈴子(蒼井優)。ひょんな事件に巻き込まれた彼女は、人との関わりを避けるように家族のもとを離れ、百万円が貯まるたびに誰も知らない土地へと移り住む。海の家、桃畑、行く先々で働きながら様々な人たちと出会い、温かさに触れては、その関係から逃げていく。そんな中、はじめて自分の心を打ち明けられる恋人に出会い、幸せな日々を送ることになるのだが…。

慣れない仕事に戸惑いながらも懸命に働く鈴子のひたむきさに惹かれる大学生、中島亮平を演じるのは、若手俳優陣の中でもその存在感と個性が光る森山未來。無骨ながらも心優しく鈴子を守ろうとする桃畑の男、藤井春夫を演じるのは、個性派男優としてひっぱりだこのピエール瀧。クラムボンのボーカル、原田郁子が歌う書き下ろしの主題歌「やわらかくて きもちいい風」もまた、作品全体にすがすがしい余韻を残してくれる。

くすっと笑って、ほろりと涙。人生が愛おしくなるちょっとビターで憎めない女の子の物語り。「自分を探さない旅」にでた鈴子がラストで見せる表情はすべての観客にとって心地よいエールとなるだろう。

『百万円と苦虫女』
2008年7月19日(土)よりシネセゾン渋谷ほか全国ロードショー
脚本・監督:タナダユキ
出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧 ほか
主題歌:原田郁子「やわらかくて きもちいい風」
配給:日活

(画像:© 2008『百万円と苦虫女』製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年