ニュース

タイの幼児売買春・人身売買の現実をえぐる問題作『闇の子供たち』

タイのアンダーグラウンドで行われている幼児売買春、人身売買の現実をえぐり出した問題作『闇の子供たち』が、8月2日(土)より、シネマライズほか全国で順次公開される。

タイ駐在の新聞記者である南部浩行(江口洋介)は、若いフリーカメラマンの与田博明(妻夫木聡)の協力を得て、闇ルートで取引されている臓器の密売に関する取材を開始。しかし金のために子供の命までも容赦なく奪われるその実態は、想像を遙かに超えるおぞましきものだった。一方、理想を秘めてバンコクのNGO団体に加入した音羽恵子(宮崎あおい)も、子供たちがさらされているあまりにも悲惨な現実を目の当たりにしていく…。

本作は誰もが「目を背けたくなる現実」を、ひるむことなく真正面から凝視した社会的かつ、硬質なサスペンスドラマとなっている。何の罪もない無垢な子供たちが、欲望まみれの大人たちのエゴに蹂躙され、虫けらのように扱われていく現実。売春宿に監禁された彼らは、ペドファイル(幼児性愛者)と呼ばれる先進国の外国人客のセックスの玩具にされて心身共に耐えがたい傷を負い、病気にかかればゴミ同然に捨てられる。

本作は「夜を賭けて」「血と骨」などで名高い小説家、梁石日の同名作品が原作。監督は、持ち前の骨太な作風に磨きをかけながら多彩なジャンルの快作を世に送り出し、『亡国のイージス』『魂萌え!』といった近作でも大きな反響を呼び起こした阪本順治。

読み手がページをめくることさえ躊躇するほど衝撃的なテーマ、内容ゆえに映画化は不可能と思われていた企画がついに実現した本作。ここには「子供の悲劇」を扱う映画が陥りがちな、甘ったるセンチメンタリズムなど微塵も感じられない。

『闇の子供たち』
2008年8月2日(土)より、シネマライズほか全国順次ロードショー
監督・脚本:阪本順治
原作:梁 石日「闇の子供たち」幻冬舎文庫刊
出演:
江口洋介
宮崎あおい
妻夫木聡
佐藤浩市
鈴木砂羽
豊原功補
プラパドン・スワンバーン
プライマー・ラッチャタ
主題歌:桑田佳祐“現代東京奇譚”(タイシタレーベル、ビクターエンタテインメント)

2008年/日本/2時間18分/アメリカンビスタ/ドルビーSR/PG-12
配給:ゴー・シネマ

(画像:© 2008 映画「闇の子供たち」製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年