ニュース

主体の錯綜としての自画像、スレイター・ブラッドレー『Perfect Empathy』展

清澄白河のタカ・イシイギャラリーにて、ニューヨークを拠点に活躍するアーティスト、スレイター・ブラッドレーの『Perfect Empathy』展が開催中だ。ブラッドレーは1975年、カリフォルニア生まれ。写真やビデオを用いた作品によって、近年、国際的に注目を集める作家の1人となった。

彼の活動において大きな意味をもつ展示の一つといえるのが、2005年、若干30歳にして開いたグッゲンハイム美術館(ニューヨーク)での個展『The Doppelganger Trilogy(ドッペルゲンガー三部作)』だ。これは、それぞれ悲運の道を辿ることとなるポップ.スター、ジョイ・ディビジョンのイアン・カーティス、ニルヴァーナのカート・コーバン、そしてマイケル・ジャクソンのパフォーマンスを、彼の分身であり、共同制作者でもあるベンジャミン・ブロックに演じさせるものだった。そこにはセレブリティーへの感情移入と、被写体と作者という、主体の二重の錯綜がある。

今回は、ブラッドレー自身を体現する女性のヌード写真に銀のマーカーで色づけをした作品、10数点を展示する。過去のセレブリティーの写真を同様の手法で加工した「Golden」に引き続いて制作された本シリーズは、有名性への問題意識を保ちつつも、被写体と作者の関係が強く浮かび上がる自画像群となっている。

スレイター・ブラッドレー Slater Bradley
『Perfect Empathy』
2008年9月6日(土)~10月4日(土)
会場:タカイシイギャラリー(東京・清澄)
料金:無料

「オープニングレセプション」
2008年9月6日(土)

(画像:Slater Bradley“Perfect Empathy”, 2007 silver marker on c-print 152 x 102cm Courtesy of Taka Ishii Gallery and Team)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ヒトリエ“青”

ヒトリエのニューアルバム『HOWLS』の収録曲“青”のMVが公開。淡い色彩の中で力強くこだまするバンド演奏と、男女2人の刹那的で美しいシーンが織りなす世界観が、切ない歌詞とリンクしながらさらに加速していくようだ。MV中も印象的に使われている「青」が、楽曲を鮮やかに彩り、余韻を残している。デビュー5周年を迎えたヒトリエを牽引するにふさわしい、儚くも力強いバラード楽曲。(野々村)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る