ニュース

主体の錯綜としての自画像、スレイター・ブラッドレー『Perfect Empathy』展

清澄白河のタカ・イシイギャラリーにて、ニューヨークを拠点に活躍するアーティスト、スレイター・ブラッドレーの『Perfect Empathy』展が開催中だ。ブラッドレーは1975年、カリフォルニア生まれ。写真やビデオを用いた作品によって、近年、国際的に注目を集める作家の1人となった。

彼の活動において大きな意味をもつ展示の一つといえるのが、2005年、若干30歳にして開いたグッゲンハイム美術館(ニューヨーク)での個展『The Doppelganger Trilogy(ドッペルゲンガー三部作)』だ。これは、それぞれ悲運の道を辿ることとなるポップ.スター、ジョイ・ディビジョンのイアン・カーティス、ニルヴァーナのカート・コーバン、そしてマイケル・ジャクソンのパフォーマンスを、彼の分身であり、共同制作者でもあるベンジャミン・ブロックに演じさせるものだった。そこにはセレブリティーへの感情移入と、被写体と作者という、主体の二重の錯綜がある。

今回は、ブラッドレー自身を体現する女性のヌード写真に銀のマーカーで色づけをした作品、10数点を展示する。過去のセレブリティーの写真を同様の手法で加工した「Golden」に引き続いて制作された本シリーズは、有名性への問題意識を保ちつつも、被写体と作者の関係が強く浮かび上がる自画像群となっている。

スレイター・ブラッドレー Slater Bradley
『Perfect Empathy』
2008年9月6日(土)~10月4日(土)
会場:タカイシイギャラリー(東京・清澄)
料金:無料

「オープニングレセプション」
2008年9月6日(土)

(画像:Slater Bradley“Perfect Empathy”, 2007 silver marker on c-print 152 x 102cm Courtesy of Taka Ishii Gallery and Team)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開