ニュース

主体の錯綜としての自画像、スレイター・ブラッドレー『Perfect Empathy』展

清澄白河のタカ・イシイギャラリーにて、ニューヨークを拠点に活躍するアーティスト、スレイター・ブラッドレーの『Perfect Empathy』展が開催中だ。ブラッドレーは1975年、カリフォルニア生まれ。写真やビデオを用いた作品によって、近年、国際的に注目を集める作家の1人となった。

彼の活動において大きな意味をもつ展示の一つといえるのが、2005年、若干30歳にして開いたグッゲンハイム美術館(ニューヨーク)での個展『The Doppelganger Trilogy(ドッペルゲンガー三部作)』だ。これは、それぞれ悲運の道を辿ることとなるポップ.スター、ジョイ・ディビジョンのイアン・カーティス、ニルヴァーナのカート・コーバン、そしてマイケル・ジャクソンのパフォーマンスを、彼の分身であり、共同制作者でもあるベンジャミン・ブロックに演じさせるものだった。そこにはセレブリティーへの感情移入と、被写体と作者という、主体の二重の錯綜がある。

今回は、ブラッドレー自身を体現する女性のヌード写真に銀のマーカーで色づけをした作品、10数点を展示する。過去のセレブリティーの写真を同様の手法で加工した「Golden」に引き続いて制作された本シリーズは、有名性への問題意識を保ちつつも、被写体と作者の関係が強く浮かび上がる自画像群となっている。

スレイター・ブラッドレー Slater Bradley
『Perfect Empathy』
2008年9月6日(土)~10月4日(土)
会場:タカイシイギャラリー(東京・清澄)
料金:無料

「オープニングレセプション」
2008年9月6日(土)

(画像:Slater Bradley“Perfect Empathy”, 2007 silver marker on c-print 152 x 102cm Courtesy of Taka Ishii Gallery and Team)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年