ニュース

「感覚と感性」を揺るがすインタラクティブアートを紹介、ウェブ企画展『日本のメディア芸術』

文化庁メディア芸術プラザにて、著名人とアーティストとのトークセッションを交えながら、日本の表現とは何かをあらためて探っていくウェブ上の企画展『日本のメディア芸術』が公開されている。

第1回目は「感覚と感性」をテーマに、私たちが普通だと思い込んでいる感覚や知覚を、揺るがすインタラクティブアート、インスタレーションなどに注目した作品を多数紹介。思い込みや既成観念から離れ、感覚の不思議を再発見しすることで日本人ならではの豊かさを見つめなおすきっかけを与えてくれる内容となっている。

また、最新のテクノロジーを駆使して表現されるメディア芸術について、芸術学者の布施英利と、メディアアーティスト八谷和彦の2人によるトークセッションも読むことができる。

今回の作品の推薦協力には美術評論家、キュレーター、学芸員が協力しており、今後は「共有と広がり」、「音と装置」、「表現と余白」、「夢と技術」といったシリーズが予定されている。

『日本のメディア芸術』
オフィシャルウェブサイトにて公開中

Vol.1 「感覚と感性」 ~知覚をゆるがすメディアアート~
トークセッション:
布施 英利(芸術学者)× 八谷 和彦(メディアアーティスト)
作品推薦協力:
草原真知子(早稲田大学教授)
暮沢剛巳(美術評論家)
四方幸子(NTTインターコミュニケーションセンター[ICC]特別学芸員、東京造形大学特任教授、多摩美術大学客員教授)
森山朋絵(東京都現代美術館学芸員、SIGGRAPH Asia2008 Art Gallery/E-tech議長、東京大学大学院特任准教授)
山口裕美(アートプロデューサー、ジャーナリスト)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く