ニュース

DEERHOOF、ニューアルバム『Offend Maggie』を携えての来日ツアー決定

10月3日にニューアルバム『Offend Maggie』をリリースするDEERHOOFが、2009年1月から来日ツアーを開催する。

『Offend Maggie』は新メンバーのエド・ロドリゲスを迎え再び4人編成での録音となった作品。英語と日本語が交錯するサトミのボーカルも心に残る。緻密でポップな1枚に仕上がっている。

ツアーは2009年1月30日(金)の心斎橋クラブクアトロからスタートし、名古屋クラブクアトロ、恵比寿LIQUIDROOMの3会場で公演。チケットのは全公演10月18日(土)から発売される。

『DEERHOOF JAPAN TOUR』

「大阪公演」
2008年1月30日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:心斎橋クラブクアトロ
出演:DEERHOOF
チケット:前売4,500円(ドリンク代別)
チケット販売:
2008年10月18日(土)発売、
チケットぴあ(Pコード:304-307)
ローソンチケット(Lコード:51428)
e+
心斎橋クラブクアトロ
問い合わせ:SMASH WEST 06-6535-5569

「名古屋公演」
2008年1月31日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:名古屋クラブクアトロ
出演:DEERHOOF
チケット:前売4,500円(ドリンク代別)
チケット販売:
2008年10月18日(土)~
チケットぴあ(Pコード:304-314)
ローソンチケット(Lコード:41698)
問い合わせ:名古屋クラブクアトロ 052-264-8211

「東京公演」
2008年2月1日(日)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:恵比寿LIQUIDROOM
出演:DEERHOOF
チケット:前売4,500円(ドリンク代別)
チケット販売:
2008年10月18日(土)~
チケットぴあ(Pコード:304-232)
ローソンチケット(Lコード:73631)
e+
岩盤
問い合わせ:SMASH 03-3444-6751

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」