ニュース

佐々木敦主宰のインディペンデントレクチャー・スクール「BRAINZ」、第3期講義発表

小規模、少人数、小空間での、インディペンデントレクチャー・スクール『BRAINZ(ブレインズ)』の第3期講義の詳細が発表された。講義はいずれも10月後半から11月前半にかけてスタートとなる。

今期は赤坂大輔による「超現代映画論』、ばるぼらの「誰も知らないサブカルチャー考古学」に加え、主宰である佐々木敦の「UNKNOWN not MIX~トーク・アフター・リスニング」、「ボーダーレス「小説」史」、そして聞き手に佐々木敦が参加する、HEADZの荻原孝文による「ポストロック(再)入門」、ICC学芸員の畠中実による「サウンドアート(再)入門」の全6講義。

第一次募集は本日10月6日から14日(火)までの受付となっており、定員になり次第締め切りとなる。受講料と講義詳細はオフィシャルウェブサイトでチェックしてほしい。各回約20名までの募集のため、確実に受講したい方は早めの申し込みがオススメだ。

『ブレインズ第3期募集要領』

講義内容:
赤坂大輔「超現代映画論」
ばるぼら「誰も知らないサブカルチャー考古学」
佐々木敦「UNKNOWN not MIX~トーク・アフター・リスニング」
佐々木敦「ボーダーレス「小説」史」
荻原孝文+佐々木敦「ポストロック(再)入門」
畠中実+佐々木敦「サウンドアート(再)入門」

時間:20:00~22:00(予定)
定員:各回約20名
第一次募集期間:10月6日(月)~10月14日(火)
申込方法:
「HEADZ onlineshop」からの申込み
第1次募集では全回通しのみでの受付定員になり次第、締め切り
その後お席の状況によっては単回での募集を受付

料金:
赤坂大輔、ばるぼら、佐々木敦2講座 全5回通し15,000円(各回3,000円×5回)
畠中実+佐々木敦、荻原孝文+佐々木敦 全3回通し9,000円(各回3,000円×3回)
飲物、資料代等含む

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで