ニュース

いしいしんじ、古川日出男のトークイベント&サイン会が新宿book1stで開催

いしいしんじ『うなぎのダンス』と、古川日出男『ボディ・アンド・ソウル』の文庫化を記念したトークイベントとサイン会が、11月8日(土)にブックファースト新宿店にて開催される。

『うなぎのダンス』は赤塚不二夫、中島らも、町田康らといしいしんじが酩酊しながら交わされる対話を収録した書籍。勝新太郎との葬儀直後の仮想対談や、トランプマンとの「無言」対談など、個性溢れるエピソードが多数掲載されている。

『ボディ・アンド・ソウル』は主人公の「フルカワヒデオ」が現存するカルチャーについて徹底的に思索し、言及する「東京」と対話する物語集。2冊とも注目を集める作家作品の待望の文庫化となっている。

トークイベントには参加には『うなぎのダンス』、『ボディ・アンド・ソウル』の2冊を購入するともらえる参加整理券が必要。サイン会のみの参加は2冊のうちいずれかの購入で整理券が入手できる。

なお、会場のブックファースト新宿店は新宿西口のモード学園コクーンタワー内に11月6日に新しくオープンする店舗。ルミネ新宿店ではないのでご注意を。

いしいしんじさん『うなぎのダンス』、古川日出男さん『ボディ・アンド・ソウル』河出文庫化記念
『いしいしんじさん×古川日出男さん トークイベント&サイン会』
2008年11月8日(土)
トークイベント14:00~
サイン会15:00~16:30
会場:ブックファースト新宿店(11月6日オープン)

参加方法:
トークイベント+サイン会
『うなぎのダンス』、『ボディ・アンド・ソウル』の2冊購入で、先着50名に参加整理券を配布
サイン会のみ
『うなぎのダンス』、『ボディ・アンド・ソウル』のどちらかの購入者先着各50名に参加整理券を配布

※サインはそれぞれの著者の著作のみ
※電話予約不可

いしいしんじ
『うなぎのダンス』
2008年10月7日発売
価格:578円(税込)

古川日出男
『ボディ・アンド・ソウル』
2008年10月7日発売
価格:714円(税込)

(画像上:『うなぎのダンス』表紙 河出書房新社発行、画像下:『ボディ・アンド・ソウル』 河出書房新社発行)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図