ニュース

色彩が印象に残る抽象画を描くアーティスト、小川格の個展『ラブマイナスゼロ』

吉祥寺のArt Center Ongoing(アートセンターオンゴーイング)にて、色彩が印象に残る抽象画を描くアーティスト、小川格の個展『ラブマイナスゼロ/LOVE MINUS ZERO』が開催中だ。同展は1997年にベルギーの王立アントワープ美術アカデミーを修了し、帰国した小川の東京で初となる本格的な個展となっている。

小川は1969年生まれのアーティスト。彼が描くのは具象とも抽象とも言い表しがたい絵画世界だ。画面には表面だけが存在し、その中身が空っぽに見える物体のようなものが浮遊する様子が数多く描かれている。それらを見ていると世界との関係性が希薄化、あるいは断絶してしまった現代の我々自身の肖像画を見てるようにも思えてくるだろう。

10月18日には作家も参加するオープニングパーティーを開催。さらに25日は『500% MORE SAD MAN(哀しみ5倍増しオトコ)…FROM タンジメン』と題されたシークレットライブも予定されており、こちらはタンジメンの正体とあわせて気になるところだ。

小川 格 Itaru Ogawa
『ラブマイナスゼロ/LOVE MINUS ZERO』
2008年10月15日(水)~10月26日(日)12:00~21:00
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)

出展アーティスト:
小川格

定休日:月・火曜
料金:無料

「オープニングパーティー」
2008年10月18日(土)18:00~

「スペーシャル・シークレット・ライブ
『500% MORE SAD MAN(哀しみ5倍増しオトコ)…FROM タンジメン』」
2008年10月25日(土) 19:30~

(画像上:『ラヴ・マイナス・ゼロ』2008、画像下:『トラウマ・トラップ #2』2004)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い