ニュース

【プレゼント】森山大道とマグナム所属のミゲル・リオ=ブランコ、2人の視線が交差する写真展

森山大道とマグナムに所属しブラジルを拠点に活動するミゲル・リオ=ブランコの2人による写真展『森山大道 ミゲル・リオ=ブランコ 写真展─共鳴する静かな眼差し』が、2009年1月12日まで東京都現代美術館にて開催中だ。

2人の写真作品は都市やそこで生活する人々をカメラで捉えるという共通点をもちながらも、それぞれが独自の世界観を作り出しており、同展のために森山はサンパウロを、ミゲル・リオ=ブランコは東京を撮影している。

2人の文化と視線が交差することで、これまでにない日本、そしてブラジルの姿が会場に現れ、普段ならば見過ごしてしまう日常の断片が、見る者にリアルに問いかけてくるはずだ。

CINRA.NETでは、本展覧会の招待券を10組20名様にプレゼント致します!
※プレゼントの応募は終了いたしました。
お問い合わせページより、件名を「森山大道 ミゲル・リオ=ブランコ 写真展招待券応募」とし、お問い合わせ内容欄にご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2008年11月11日)。

『森山大道 ミゲル・リオ=ブランコ 写真展─共鳴する静かな眼差し』
2008年10月22日(水)~2009年1月12日(月・祝)10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
会場:東京都現代美術館 企画展示室B2F(東京・清澄白河)

出展アーティスト:
森山大道
ミゲル・リオ=ブランコ

休館日:月曜日、11月4日・25日、12月28日~1月1日(ただし、11月3日・24日、1月12日は開館)
料金:一般900円 学生700円 中高校・65歳以上600円 ※小学生以下無料

(画像上:© Daido Moriyama 《Sao Paulo》2007 Coutesy of Artist and Taka Ishii Gallery、画像下:© Miguel Rio Branco/Magnum Photos 《Tokyo》2007)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図