ニュース

『工業哀歌バレーボーイズ』が映画化、音楽は13人編成のあのバンド

『週刊ヤングマガジン』で18年間連載され、単行本は全50巻で1500万部以上を売り上げた人気漫画『工業哀歌バレーボーイズ』の映画版が、11月22日より渋谷シネクイントにてレイトショー上映される。

相変わらず女の事しか頭にない朝沼工業高校第2バレー部の3バカトリオ。赤木は自分より背が高いマユミを彼女とは認めようとせず、宮本は料理上手だがブスでデブの虎子にウンザリしていた。一方、真のモテない男・谷口だが、ある日、中学の同級生だったという早川のり子が声をかけてくる。のり子の「初体験は谷口君と…」という衝撃的な告白に浮かれる谷口。

そんな中、赤木と宮本を振り向かせようと特訓中のマユミと虎子が、何者かにさらわれてしまう。赤木と宮本は、のり子との「大事な約束」のある谷口には声をかけず、2人だけで敵の待つ町外れの廃倉庫へと向かうのだが、彼らを待っていたのは想像を絶するほど変わり果てたマユミと虎子の姿だった!?

キャストには『クローズZERO』で第17回日本映画批評家大賞助演男優賞を受賞し、『ROOKIES』、『おせん』と大ヒットドラマに次々と出演中のやべきょうすけ。さらに『あずみ』『逆境ナイン』の松本実、舞台やTVで活躍中の阿川竜一も登場。全員30歳を超える年齢にも関わらず、学ランとリーゼントで高校生を熱演している。さらに、中村優、岡村多加江、にわつとむ、平塚真介のオリジナルDVD版のキャストも総出演。

劇中音楽を13人編成のバンド赤犬が手がけるなど話題の尽きない作品だ。

『工業哀歌バレーボーイズ THE MOVIE』
2008年11月22日(土)よりシネクイントにて2週間限定レイトショー
監督:高明
脚本:増本庄一郎
原作:村田ひろゆき(講談社 ヤングマガジン)
音楽:赤犬・松本章

キャスト:
松本実
やべきょうすけ
阿川竜一
中村優
岡村多加江
にわつとむ
平塚真介
増本庄一郎
勝矢
西村みずほ
西興一朗

制作プロダクション:ナインマイルズ
配給:クロックワークス
2008年/日本/82分/カラー/16:9/ステレオ

(画像:© 村田ひろゆき/講談社 2008 クロックワークス)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと