ニュース

岡崎藝術座の新作2本立てがこまばアゴラ劇場にて上演、朝公演は朝食つき

岡崎藝術座の新作2本立て公演、『リズム三兄妹』、『はやねはやおき朝御飯』が本日10月30日からこまばアゴラ劇場にて上演されている。

岡崎藝術座は2003年に主宰演出家の神里雄大と座長の岡崎誠二によって、坂口安吾原作の『堕落論』で旗揚げ。この夏にはチェルフィッチュの代表である岡田利規の代表作『三月の5日間』の初外部演出作となる公演を上演するなど好評を博している。

今回の新作『リズム三兄妹』、『はやねはやおき朝御飯』では、神里が戯曲の執筆から手がけており、現在若手劇団への出演でめざましい活躍を続け、映画『ぐるりのこと』にも出演している内田慈に加え、白神美央や、さらに自身のユニットであるPower Doll Engineで利賀演出家コンクールにも参加し、異彩の存在感を放つ億土点など強い個性と実力を備えた俳優陣が揃っている。

『リズム三兄弟』あらすじ
とある俳優に恋するショウコは、古風な一面をアピールしようと歌で告白することを決意する。ショウコは友達の利頭夢子(りず ゆめこ)に歌の相談するが、夢子は実はリズム三兄妹の末っ子だった。 一方、夢子の兄・利頭武(りず たけし)は、三兄妹が大ファンである国民的シンガー、巣恋歌(すごい うた)のリズムが微妙に狂ってきたことに気づいていた……

一方、朝公演となる『はやねはやおき朝御飯』は『リズム三兄妹』のスピンオフ物語となっており、11月3日(月・祝)、9日(日)の9:00~のみの上演。朝食つきという一風変わった仕掛けもあわせて楽しんで欲しい。

岡崎藝術座
『リズム三兄妹』
『はやねはやおき朝御飯』(朝公演)
2008年10月30日(木)~11月10日(月)
会場:こまばアゴラ劇場(東京・駒場)

作・演出:神里雄大
出演:
白神美央
内田慈
億土点
鷲尾英彰
坂倉奈津子
召田実子
西田夏奈子

料金:前売2,000円 当日2,500円 両公演共通券(前売のみ取扱い)3,500円
※全席自由・日時指定)、11月7日(金)14:00は、当日・前売とも500円引き(共通券には適応不可)
問い合わせ:岡崎藝術座 191-6476-9799

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図