ニュース

I am Robot and Proud、ausなどの未発表曲を収録したコンピ『songs of seven colors』

先日発行した『CINRA MAGAZINE vol.19』でも大々的に取り上げた「エレクトロニカ」の魅力を凝縮した豪華ラインナップのコンピレーションCD『songs of seven colors』が、p*disより11月10日にリリースされる。

話題の絶えないカナダ人エレクトロニカアーティストI am Robot and Proudの未発表音源や、日本国内の異例のヒットを記録しているausの未発表曲、そしてGutevolk + ausのコラボレーション作品や、CINRA MAGAZINEにも収録し好評だったno.9やharuka nakamuraの未発表曲も収録されている。

大人気アーティストの名曲やレアトラックが収録された本作、エレクトロニカ好きだけではなく、入門編として誰にでもオススメの一枚だ。

V.A
『songs of seven colors』
2008年11月10日発売
価格:1,980円(税込)
PDIP-6501 p*dis

1. After It / no.9(未発表曲)
2. SLD / kazumasa hashimoto
3. Flags / aus(未発表曲)
4. One, Two, Three, Four, Five, Six, Seven / I am Robot and Proud
5. Traces / sora
6. graf+ / haruka nakamura(未発表曲)
7. Coast Off / Helios
8. Sunday / Dof
9. I'm Not The Lonely Son (I'm The Ghost) / Electric President
10. Valley Cars / Toy
11. Can't Afford It / I am Robot and Proud
12. Follow Me! / Kettel
13. Lights Shone Brighter. My Delicate Sun Is My Sparklin' Sun / A Lily
14. Sarah Alice / The Boats
15. Sphere / Gutevolk + aus(未発表曲)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと