ニュース

日本三大ドヤ街のひとつが舞台のアートイベント『KOTOBUKI クリエイティブアクション2008』

寿オルタナティブ・ネットワークによる、日本三大ドヤ(簡易宿泊所)街のひとつである横浜・寿町エリアを舞台としたアートイベント『KOTOBUKI クリエイティブアクション2008』が11月8日(土)から開催される。

同イベントはひとつの展覧会やイベントとして実施されているものではなく、活動に関わるアーティストやクリエイター、プロデューサーらによるプロジェクトの集積として展開。住人の高齢化が進み、ドヤ空き部屋が目立ち始めた町に独創的な視点を持ち込み、地域住人と協力しながら様々なプロジェクト活動を展開する。

会期中はアートツアーやオープンイベントを開催。また、特別企画として寿町エリアのリノベーションホステル「YOKOHAMA HOSTEL VILLAGE」、「Hostel Zen」を1割引の特別価格でご利用いただける優待宿泊プランも実施する。

『KOTOBUKI クリエイティブアクション2008』
2008年11月8日(土)~11月18日(火)
会場:横浜・寿町エリア各所(神奈川県横浜市中区松影町、寿町)

参加作家:
岩井優
浦田琴恵
遠藤一郎
大巻伸嗣
川崎昌平
栗山斉
田中功起
パラモデル
平川恒太
増本泰斗
松下徹

「イベント1:アートツアー」
2008年11月8日(土)、9日(日)、14日(金)、15日(土)、16日(日)、18日(火)
時間:13:00~14:30、15:00~16:30 ※要予約、各回90分程度
町中に設置された作品や制作の舞台、寿町の新旧名所を歩いてまわる予約制のツ
アーを実施いたします。ひとりで歩くには少々勇気が必要なエリアも安心してご
覧いただけます。
定員:各回10人(5人×2組)
料金:1,500円(中学生以下無料)
申込方法:ご希望の日時をウェブサイトの申込フォームから送信

「イベント2:大巻伸嗣《Memorial Rebirth》」
2008年11月18日(火)11:30~/15:30~
会場:寿町総合労働福祉会館 広場(神奈川県横浜市中区寿町4-14)
日本で最大の国際現代アート展「横浜トリエンナーレ2008」会期中(~11月30日)、横浜市内の各所で展開されている大巻伸嗣の作品が寿町にもやってきます。大量のシャボン玉を発生させ、景色を一変させるパフォーマンスです。
料金:無料
※自由にご覧いただけますが、ご来場の際は近隣の方々にご配慮ください
※少雨決行、荒天中止

「特別企画:ホステル優待宿泊プラン」
2008年11月7日(金)~11月18日(火)
「KOTOBUKIクリエイティブアクション2008」をご覧にいらした方々を対象とし
て、寿町エリアのリノベーションホステル「YOKOHAMA HOSTEL VILLAGE」、
「Hostel Zen」を1割引の特別価格(多サービスとの併用不可)でご利用いただ
ける優待宿泊プランを実施いたします。
対象:「KOTOBUKIクリエイティブアクション2008」観覧者
※各ホテルの予約方法は事務局ブログを参照

主催:寿オルタナティブ・ネットワーク
総合プロデューサー:河本一満
プロジェクトディレクター:橋本誠

(画像上:寿町総合労働福祉会館壁面に設置中の 浦田琴恵《永遠の開拓者たち》、画像下:大巻伸嗣《Memorial Rebirth》 大さん橋国際客船ターミナルでのパフォーマンス風景)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら