ニュース

写真家、蜷川実花の過去から未来を紹介、最新作を加えた約500作品を展示

昨年は安野モヨコ原作の映画『さくらん』の監督をつとめるなど、幅広く活動している写真家、蜷川実花の展覧会『蜷川実花展 地上の花、天上の色』が、東京オペラシティアートギャラリーにて12月28日まで開催されている。

「好きなものは自由に撮る」という蜷川の一貫した姿勢から生み出される作品たちは、視覚的な鮮やかさだけでなく、作家自身の濃度として見る者に鮮烈な印象を与えてくれる。そんな蜷川の作品を美術評論家の松井みどりは「地上の花、天上の色」という言葉で表現しており、同展の副題はこの松井の言葉から名づけられている。

今回の展覧会では現実の光景を撮影しながらも非現実を映し出す「花」、自らの写真家としての力量を問う「旅」、タレントや女優のイメージまでも創り出す「ポートレイト」などの代表作はもちろん、初期作品や「Noir」と題された最新作を加えた約500点の作品により、蜷川の過去から未来を紹介する。

『蜷川実花展 地上の花、天上の色』

2008年11月1日(土)~12月28日(日)
11:00~19:00(金・土は20:00まで、最終入場は閉館30分前まで)
会場:東京オペラシティアートギャラリー(3Fギャラリー1, 2)

休館日:月曜(ただし、11月3日、24日は開館)
料金:一般1,000円 大・高生800円 中・小生600円

「開催記念トーク」

2008年11月15日(土)14:00~15:30
会場:東京オペラシティビル7階会議室
定員:180名(全席自由)

ゲスト:飯沢耕太郎(写真評論家)
参加方法:
・当日、展覧会の入場券をご購入の方が対象(「対談シリーズ」参加費は無料)
・11:00より東京オペラシティアートギャラリー(ビル3階)受付にて、整理券を配布(整理券はお1人につき1枚のみ)
・13:40までに、会場(東京オペラシティビル7階会議室)前に整理番号順にお並びください(開場13:45予定)

主催:財団法人東京オペラシティ文化財団、朝日新聞社
特別協賛:日本生命保険相互会社
協賛:キヤノン株式会社、富士フイルム イメージング株式会社
協力:相互物産株式会社、富士フイルム イメージテック株式会社
企画協力:Lucky Star Co., Ltd.、Tomio Koyama Gallery Inc.

(画像:《Noir》2008 © mika ninagawa)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生