ニュース

日本のおたくカルチャーが生んだアートムービー『誰も死なない』、カイカイキキ配給

村上隆率いるカイカイキキの映画製作参入に向けた第1弾作品となる『誰も死なない』が、11月22日から下北沢トリウッドにて公開される。

カイカイキキが製作から配給までフルプロデュースする本作の監督は、村上の一番弟子であり、際立つおたく的個性でファンを持つMr.。これまで絵画作品の中で展開されていた日本のアニメ、アイドル文化を背負った世界が実写となり、新しい映像を作り出している。

映画の舞台は戦争も遠い記憶となった平和すぎる日本。戦争も、銃も、自分達の生活には無縁な少女達が無邪気に興じるサバイバルゲームという擬似戦闘。そんな彼女達が纏うのはとびきりキュートな戦闘服とケータイ並みにデコラティブな銃。それらは華やかな外見と裏腹に彼女達の傷つきやすい心を隠す鎧になっているのかもしれない。そんな戦場と日常をサバイバルする現代を生きる日本の少女たちへのMr.の想いが込められた作品となっている。

キャストは100名の候補者をオーディション。畑庭苺役の前田希美ほか、少女雑誌やドラマなどで活躍を始めている5名の少女たちが、役柄のイメージに合わせて選ばれている。また、彼女たちが戦うカラフルな戦闘服や制服はMr.自身がデザイン。特に戦闘服は布地のカモフラージュ柄のパターンから描き起こした労作とのこと。

また、映画の公開を記念してKaikai Kiki Galleryでは『誰も死なない』の世界展を同時に開催。アート空間にパッケージされたもうひとつの世界を楽しむことができるだろう。

『誰も死なない』
2008年11月22日(土)~12月5日(金)、下北沢にて他ロードショー
※12/6以降の上映スケジュールは劇場へ問い合わせ
エグゼクティブプロデューサー:村上隆
監督:Mr.

主演:
前田希美
和田瞳
鈴木瑠華
小西悠加
しほの涼

2008年/日本/カラー/34分/
製作・配給:カイカイキキ

(画像中:photo/Hideyuki Motegi、画像下:photo/miwa tosaki、全画像:©2008 Kaikai Kiki Co.,Ltd. All Rights Reserved)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送