ニュース

日本のおたくカルチャーが生んだアートムービー『誰も死なない』、カイカイキキ配給

村上隆率いるカイカイキキの映画製作参入に向けた第1弾作品となる『誰も死なない』が、11月22日から下北沢トリウッドにて公開される。

カイカイキキが製作から配給までフルプロデュースする本作の監督は、村上の一番弟子であり、際立つおたく的個性でファンを持つMr.。これまで絵画作品の中で展開されていた日本のアニメ、アイドル文化を背負った世界が実写となり、新しい映像を作り出している。

映画の舞台は戦争も遠い記憶となった平和すぎる日本。戦争も、銃も、自分達の生活には無縁な少女達が無邪気に興じるサバイバルゲームという擬似戦闘。そんな彼女達が纏うのはとびきりキュートな戦闘服とケータイ並みにデコラティブな銃。それらは華やかな外見と裏腹に彼女達の傷つきやすい心を隠す鎧になっているのかもしれない。そんな戦場と日常をサバイバルする現代を生きる日本の少女たちへのMr.の想いが込められた作品となっている。

キャストは100名の候補者をオーディション。畑庭苺役の前田希美ほか、少女雑誌やドラマなどで活躍を始めている5名の少女たちが、役柄のイメージに合わせて選ばれている。また、彼女たちが戦うカラフルな戦闘服や制服はMr.自身がデザイン。特に戦闘服は布地のカモフラージュ柄のパターンから描き起こした労作とのこと。

また、映画の公開を記念してKaikai Kiki Galleryでは『誰も死なない』の世界展を同時に開催。アート空間にパッケージされたもうひとつの世界を楽しむことができるだろう。

『誰も死なない』
2008年11月22日(土)~12月5日(金)、下北沢にて他ロードショー
※12/6以降の上映スケジュールは劇場へ問い合わせ
エグゼクティブプロデューサー:村上隆
監督:Mr.

主演:
前田希美
和田瞳
鈴木瑠華
小西悠加
しほの涼

2008年/日本/カラー/34分/
製作・配給:カイカイキキ

(画像中:photo/Hideyuki Motegi、画像下:photo/miwa tosaki、全画像:©2008 Kaikai Kiki Co.,Ltd. All Rights Reserved)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年