ニュース

2007年カンヌ最優秀脚本賞受賞、ファティ・アキン監督作『そして、私たちは愛に帰る』公開

ドイツとトルコを舞台に、運命のままにめぐり合い、別れ、再びつながってゆく。喪失の悲しみを乗り越えて、愛と希望を見いだす彼らの「再生の旅路」を鮮烈に描いた名作『そして、私たちは愛に帰る』が、12月27日(土)よりシネスイッチ銀座他で公開される。

親と子。それは側にいても心を繋ぎあえない、いちばん近い他人。大学講師の息子と、息子を男手ひとつで育てあげ余生を娼婦と過ごす父。トルコからドイツに出稼ぎし娼婦となった母と、反政府活動家としてトルコを逃れた娘。友人を救うためイスタンブールに旅立つ娘と、娘の身を案じながらも愛情を伝えられない厳格な母。ドイツとトルコ、2000キロに渡ってすれ違う3組の親子が、人生の旅路をさすらいながら「愛」そして「喪失から生まれる希望」を見出す。

本作は、2007年カンヌ国際映画祭最優秀脚本賞・全キリスト協会賞を受賞。監督は、前作『愛より強く』でベルリンを制した、若き俊英ファティ・アキン。3組の親子がドイツとトルコの2国間を交差していく中で、東洋と西洋がまじわる国・トルコが抱えるEU加盟や移民問題などの社会問題も描かれている点も大きな見どころとなっている。

幸せと不幸せは、背中あわせ。だから、人生はいつだってやりなおせる。

『そして、私たちは愛に帰る』

2008年12月27日(土)よりシネスイッチ銀座他、全国順次ロードショー

監督・脚本:ファティ・アキン

キャスト:
バーキ・ダヴラク
ハンナ・シグラ
ヌルセル・キョセ
トゥンジェル・クルティズ
ヌルギュル・イェシルチャイ
パトリシア・ジオクロースカ

後援:トルコ大使館、ドイツ連邦共和国大使館
配給:ビターズ・エンド

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今