ニュース

考えることを停止させる機械仕掛けの作品たち、タムラサトル個展『Point of Contact 3』

多くのローテクな機械仕掛け・装置を用いて作品を発表するアーティスト・タムラサトルの個展『Point of Contact 3』が、吉祥寺のArt Center Ongoingで開催されている。

1972年生まれのタムラは筑波大学芸術専門学群を卒業後、国内のみならず、ヨーロッパやアメリカなどで、精力的に作品を発表。ひたすらに自動運動を繰り返すものが多い彼の作品は、それらに付与されがちな意味や解釈といったものを拒絶するかのように、あるいは意味や目的といったものを無効化するように提示される。

今展ではタムラサトルの《接点》シリーズの第3弾を発表。無数の裸電球が、自動運動を続ける装置の放つ火花やスパークとともに点滅を繰り返すなどを紹介する。

タムラが自作の解説において、ものはものでしかないと提言するそれらを見た後にやってくる思考停止、そして生理的な反応としてこみ上げる「笑い」を感じ取って欲しい。

タムラサトル展
『Point of Contact 3』

12月11日(木)~12月23日(火・祝)12:00~21:00
(月火定休、23日(火祝)はオープン)
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)

料金:無料

『オレたちひょうきん族 の最終回 をみる夕べ Vol.2』

2008年12月20日(土)19:00~

料金:無料

トークイベント
『“くだらない”ということ』

2008年12月21日(日)19:00~

出演:
茂木淳一(ナレーター/アーティスト)
真島理一郎(映像作家)

定員:30名
料金:1,000円(ワンドリンク付き)

※トークイベントの予約はinfo@ongoing.jpより

(画像上:本展DMイメージ、画像下:『30の白熱灯のための接点 #2』2007)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に