ニュース

考えることを停止させる機械仕掛けの作品たち、タムラサトル個展『Point of Contact 3』

多くのローテクな機械仕掛け・装置を用いて作品を発表するアーティスト・タムラサトルの個展『Point of Contact 3』が、吉祥寺のArt Center Ongoingで開催されている。

1972年生まれのタムラは筑波大学芸術専門学群を卒業後、国内のみならず、ヨーロッパやアメリカなどで、精力的に作品を発表。ひたすらに自動運動を繰り返すものが多い彼の作品は、それらに付与されがちな意味や解釈といったものを拒絶するかのように、あるいは意味や目的といったものを無効化するように提示される。

今展ではタムラサトルの《接点》シリーズの第3弾を発表。無数の裸電球が、自動運動を続ける装置の放つ火花やスパークとともに点滅を繰り返すなどを紹介する。

タムラが自作の解説において、ものはものでしかないと提言するそれらを見た後にやってくる思考停止、そして生理的な反応としてこみ上げる「笑い」を感じ取って欲しい。

タムラサトル展
『Point of Contact 3』

12月11日(木)~12月23日(火・祝)12:00~21:00
(月火定休、23日(火祝)はオープン)
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)

料金:無料

『オレたちひょうきん族 の最終回 をみる夕べ Vol.2』

2008年12月20日(土)19:00~

料金:無料

トークイベント
『“くだらない”ということ』

2008年12月21日(日)19:00~

出演:
茂木淳一(ナレーター/アーティスト)
真島理一郎(映像作家)

定員:30名
料金:1,000円(ワンドリンク付き)

※トークイベントの予約はinfo@ongoing.jpより

(画像上:本展DMイメージ、画像下:『30の白熱灯のための接点 #2』2007)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで