グレーグラデーションの木版画によって浮かび上がる昭和の残像、風間サチコ展『昭和残像伝』

高円寺の無人島プロダクションにて、風間サチコ展『昭和残像伝』が行われる。会期は、2月4日(水)から3月14日(土)まで。

風間は木版画の手法を用いて日本の歴史を独自に検証し、近年は美術館や海外のグループ展に参加するなど、注目が益々高まっているアーティスト。

今回は「炭鉱」をテーマに、炭鉱の歴史、そして昭和そのものを検証。さらに風間独特のユーモアもまじえ、「石炭人形」を主人公として、人形の目を通してひとつの物語を展開させる。本展のタイトルである『昭和残像伝』とは、モノクロームとなりつつある昭和時代を丁寧に拾い上げ、木版によって今一度浮かび上げる試みを表しており、白と黒の2色だけではなく、風間特有のグレーグラデーションでの表現を駆使して、昭和という時代の残像を見せるという。

一昨年のテーマだった「満州鉄道」は、昨年のテーマ「ホームレス」「引きこもり」へとつながり、今回のテーマは再び「炭鉱」に移り変わった。風間はこの「炭鉱」の物語を、薄れゆく一時代のものとしてではなく、「今」という時代につながるものとして強烈なイメージで再提示する。

無人島プロダクションpresents
風間サチコ
『昭和残像伝』

2009年2月4日(水)~3月14日(土)
会場:無人島プロダクション(東京・高円寺)
時間:13:00~20:00
休廊日:2月11日(水・祝日)

オープニングレセプション

2009年2月4日(水)18:00~20:00

(画像:©2009 Sachiko Kazama courtesy of Mujin-to Production, Tokyo)

  • HOME
  • Art,Design
  • グレーグラデーションの木版画によって浮かび上がる昭和の残像、風間サチコ展『昭和残像伝』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて