Port B、ツアーパフォーマンス『サンシャイン63』と『雲。家。』を同時再演

高山明率いるパフォーマンスユニット「Port B(ポルト・ビー)」が、2月26日より開催されている舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー09春』に参加。代表作2作品を構成も新たに、同時再演する。

今回上演されるのは、2008年3月に発表された『サンシャイン62』を再創造した『サンシャイン63』と、2007年3月に発表された『雲。家。』の2作品。『サンシャイン63』では、第二次世界大戦後、巣鴨プリズン跡地に建てられた池袋サンシャイン60周辺を巡り、日本の戦後と「いま」をたどるツアー・パフォーマンスが展開される。

一方、『雲。家。』は『サンシャイン63』と「表裏の関係」として位置付けられる舞台。ノーベル賞作家であるエルフリーデ・イェリネクの『雲。家。』を原作とし、「家」を探し求める「わたしたち」のモノローグが紡がれる。どちらの作品も前回上演時よりもさらに深化させたという内容に期待がもてる。

『サンシャイン63』

2009年3月4日(水)~8日(日)、11日(水)~15日(日)
会場:池袋周辺地域
出発時間:各日11:00~15:00
(5人一組のグループで20分おきに出発)
定員:各日13組
構成・演出:高山明
料金:一般4,000円 学生3,000円(要学生証提示)

『雲。家。』

2009年3月4日(水)~7日(日)
会場:にしすがも創造舎
2009年3月4日~6日19:30
2009年3月7日17:00
作:エルフリーデ・イェリネク
翻訳:林立騎
構成・演出:高山明
出演:暁子猫
料金: 一般4,000円 学生3,000円(要学生証提示) 高校生以下1,000円

(画像下:©松嶋浩平)

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • Port B、ツアーパフォーマンス『サンシャイン63』と『雲。家。』を同時再演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて