『体の贈り物』作者レベッカ・ブラウン来日、翻訳家・柴田元幸とトーク

『体の贈り物』『若かった日々』などの代表作で知られる米国生まれの作家、レベッカ・ブラウンの来日と最新小説『犬たち』の刊行を記念したトークイベント『妄想の贈り物』が、5月18日に青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山で開催される。

4月23日に刊行される『犬たち』は、一人暮らし女性の部屋に唐突に現れた犬をきっかけとして不可解な方向へ変化する愛の物語。今回のトークイベントには、ポール・オースターやエドワード・ゴーリー作品、レベッカ・ブラウン作品を多く手がけたことでも知られる翻訳家の柴田元幸をゲストに招く。

当日はトークショーだけでなく朗読も予定。また、トーク終了後には2人によるサイン会も行われる。

『犬たち』(マガジンハウス)刊行&来日記念
レベッカ・ブラウン&柴田元幸トークショー
『妄想の贈り物』

2009年5月18日(月)19:00~20:30+サイン会(開場18:30~) 
会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
定員:120名
料金:500円(税込)

問い合わせ:青山ブックセンター本店 03-5485-5511(10:00~22:00)

『犬たち』

著者:レベッカ・ブラウン著
翻訳:柴田元幸
価格:1,800円(税別)
出版:マガジンハウス

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『体の贈り物』作者レベッカ・ブラウン来日、翻訳家・柴田元幸とトーク

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて