原宿のギャラリー「Vacant」プレイベント、ひたすら詰め込む「搬入エンターテイメント」他上演

5月に正式オープンするイベントスペース「Vacant」(東京・原宿)にて、オープン前最後のプレイベント『遊星からの物体を搬入プロジェクトX2~神宮前3丁目計画』『あくまのはごろも』が、4月25日(土)に同時上演される。

『遊星から~』はその名のとおり謎の物体をひたすら会場に搬入する「搬入エンターテイメント」。同作は昨年2月に上演され、好評を博した作品の再演となる。次々と現れる空間に応じてかたちを変え「入らなそうでギリギリ入る」物体たちは、前回から若干のアレンジを含んでおり、以前に体験した方も改めて楽しめる内容となっているという。

また、同時上演される『あくまのはごろも』は、今回あえて人間の不可能性を描くという試みに挑戦。連結された身体(7~10数人程度)がうごめく……というが、実際にどのようなものなのかは、紛れも無いご自身の目で見て判断していただきたいところだ。

内容に関しては謎が多いが、スピリチュアルを刺激する内容であることには間違いがなく、またわからないものを見にいってみようという冒険心もビシビシと刺激してくれる。いろいろな意味で深淵にせまる前衛的イベントだ。

『遊星からの物体を搬入プロジェクトX2~神宮前3丁目計画』
『あくまのはごろも』

2009年4月25日(土)開場19:00 開演20:00
会場:Vacant(東京・原宿)

企画・演出:危口統之(悪魔のしるし)
物体設計:石川卓磨・危口統之
宣伝美術:宮村泰朗
制作:金森香・田辺夕子

料金:前売2,000円(1ドリンク別)当日2,500円(1ドリンク別)
※小学生以下無料・ドリンク代別
※当日炊き出し現場飯あり 300円~

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 原宿のギャラリー「Vacant」プレイベント、ひたすら詰め込む「搬入エンターテイメント」他上演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて