SNS連動型クリエイティブビジネススクール「NIT」開講、講師に丹下紘希、田川欣哉

クリエイティブポータルサイトHITSPAPER (運営 株式会社ヒッツミー)によるクリエーターの為のビジネススクール「NIT」が、8月29日から開講する。

NITはクリエーター向けに定期開催されるビジネススクールと、参加者同士のコミニティ形成を図るSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス) で展開されるプロジェクト。スクールの開催は東京と京都で月1回を予定しており、講師陣は、デザイナーやディレクター、経営者、編集者、アーティスト、経済学者、哲学者、政治家など様々なジャンルから招聘される。

スクールの構成は、講師によるプレゼンテーションだけでなく、参加者が自主的に参加・発表するテーマディスカッション・ワークショップを交えながら、知識だけでなくコミニケーションスキルの向上も目指す。記念すべき第1回には、東京講座にデザインエンジニアリングファーム「takram」の田川欣哉、京都講座に映像作家の丹下紘希を招く。

なお、スクールの開講と同時にサービスがスタートする「NIT SNS」では参加者同士のコミュニケーションやサイト内ディスカッションパネルを使用した交流ツールとして利用することができる。このSNSの参加にはスクールイベントへの参加が必要となる。詳細はNITのウェブサイトからチェックしてみよう。

『NIT スクールビジネス第一回』

東京 第一回開催
『takram 田川欣哉氏と考える「次世代のモノ創りの考え方」』

2009年9月14日(月)20:00~
講師:田川欣哉(takram)
会場:MERCER CAFFE(東京・表参道)
料金:4,500円(フリーフード・フリードリンク込み)

京都 第一回開催
『映像作家 丹下紘希に学ぶ 音楽と映像の融合/ 表現の抽出方法』

2009年8月29日(土)19:00~
講師:丹下紘希 氏 (Yellow Brain)
会場:flowing KARASUMA(京都・中京区)
料金:3,800円(フード&ドリンクブース有り、キャッシュオンとなります)

(画像上:丹下紘希、画像下:田川欣哉)

  • HOME
  • Life&Society
  • SNS連動型クリエイティブビジネススクール「NIT」開講、講師に丹下紘希、田川欣哉

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて