角川春樹が11年ぶり監督作は警察内部の闇に挑む『笑う警官』、主演に大森南朋

佐々木譲原作の『笑う警官』が、角川春樹監督作品として実写映画化される。

『笑う警官』は、実際に起こった北海道警察の組織ぐるみの汚職事件をヒントに、警察内部の腐敗した闇にメスを入れる骨太な社会派小説。北海道警を舞台に80万部を超える人気「道警シリーズ」の第1作としても知られている。

札幌市内のアパートで、女性警官の変死体が発見されたことから物語ははじまる。容疑がかけられたのは、女性警官の交際相手の巡査・津久井。異例に発令された射殺命令など、捜査に違和感を覚えた警部補の佐伯は、信頼できる仲間とともに極秘に捜査を開始する。そして、北海道警察の闇に踏み込みはじめる彼らは、次々と「警察の正義」が裏切られていくさまを目の当たりにするのだった。

監督は、11年ぶりにメガホンをとる角川春樹。脚本も自ら手がけるなど、同作への意気込みを感じることができる。主人公の警部補・佐伯に『ハゲタカ』などで、優れた演技力を見せた大森南朋。正義感と情熱で捜査に合流する警官・小島に松雪泰子、道警汚職の鍵を握る警官・津久井を宮迫博之が演じる。

2008年版『このミステリーがすごい!』で1位に選ばれるなど、昨今の「警察小説ブーム」の先駆けともいわれている作品。真の正義の行方を見届けて欲しい。

『笑う警官』

2009年11月14日(土)全国ロードショー

監督・脚本:角川春樹
原作:佐々木譲『笑う警官』(ハルキ文庫刊)
キャスト:
大森南朋
松雪泰子
宮迫博之
大友康平
忍成修吾
蛍雪次朗
野村祐人
伊藤明賢
鹿賀丈史

配給:東映

(画像:©2009『笑う警官』製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 角川春樹が11年ぶり監督作は警察内部の闇に挑む『笑う警官』、主演に大森南朋

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて