アートイベント『Regreen Arts!2009〜風の谷へ』が諭す、自然との対話とライフスタイル

アートイベント『Regreen Arts!2009~風の谷へ』が、自然豊かな山梨・Regreen Baseにて行われる。開催は9月26日から10月12日までの展覧会期間の金、土、日、祝日のみ。

同イベントは山梨在住のアーティストを中心に、地元の学生や企業の協力のもと、東京のアーティストや美大生を招き、山梨と東京を融合させた地域発の文化を根付かせる試み。自然との関わりや暮らし、また自然に対する思いを鑑賞するだけでなく『創る』ことを目的としたアートイベントだ。

内容は、裏山の自然と対話しながら5年後の完成を目指す「スローアートプロジェクト」、東京と山梨の学生達が約2週間の滞在期間中に作品を創る「サマーキャンプレジデンス」、自然と向き合い対話する試みの「ビデオアートスクリーニング」の3つが主なプロジェクトとして開かれる。

期間中はスローアート参加作家によるアーティストトークやパフォーマンス、ワークショップの他に、農業体験、山梨ワインの試飲会、土器作りや星を見る会、たき火の会など様々なプログラムを予定。

殺伐とした都市では味わえない自然との対話が、改めて自然と人間の共生したライフスタイルを提案する。

『Regreen Arts!2009~風の谷へ』

2009年9年26月(土)~10月12日(月・祝)期間中の金、土、日曜、祝日のみ開催
会場:Regreen Base(山梨)
時間:12:00~20:00

参加作家:
石田泰道
岩崎永人
開発好明
木村崇人
David Buob
Berta Jayo
Manuel Saiz
Elisabeth Smolarz
Leung Chi Wo
その他国内外ビデオアーティストが多数
参加講師:
井坂健一郎(山梨大学 教育人間科学部 准教授)
O Jun(東京藝術大学 美術学部油画 准教授)
開発好明(アーティスト、多摩美術大学 美術学部絵画学科油画専攻 非常勤講師)

オープニングレセプション

2009年9月26日(土)17:00~

(画像:O Jun/Regreen Arts)

  • HOME
  • Art,Design
  • アートイベント『Regreen Arts!2009〜風の谷へ』が諭す、自然との対話とライフスタイル

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて