雑誌『本人』に明石家さんま登場、これまでのキャリアや笑いとテレビまで40ページ喋り倒す

9月11日発売に刊行される雑誌『本人 vol.11』(太田出版)に明石家さんまの巻頭インタビューが掲載される。

インタビューではこれまでのキャリアを振り返りながら落語家の修行時代や、小林繁投手の形態模写時代、漫才ブーム時代、そして『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』の裏話まで「笑い」と「テレビ」について語りつくしている。

めったにインタビューを受けないことで知られる明石家さんま。「昼間のテレビ番組は全部つぶしたいですね」「いっそ午後二時までは砂嵐のほうがいい」といった爆弾発言も交えた現在のテレビ業界の叱咤激励をはじめとする40ページを超える盛りだくさんな内容となっている。

『本人 vol.11』

2009年9月11日発売
価格:950円
発行:太田出版

amazonで購入する


(画像:撮影=鈴木心)

関連リンク

  • HOME
  • Book
  • 雑誌『本人』に明石家さんま登場、これまでのキャリアや笑いとテレビまで40ページ喋り倒す

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて