東京藝大油画科現職教員の自作と自ら選んだ収蔵品のコラボ展『異界の風景』

東京藝術大学絵画科油画の企画する「異界の風景」展が、10月2日から11月23日まで東京藝術大学大学美術館で開催される。

本展は、油画現職教員14名の作品約70点と自ら選んだ東京藝術大学大学美術館収蔵の作品約100点によって構成される展覧会。創造行為が発生する場をさす概念を「異界」と定義し、表現が生まれる媒介となる「風景」を提起している。江戸後期から明治期にかけての遠近法や西洋画技法によって描かれた風景画を現在の視点で読み替えるなど、明治期から現代に至る表現の方法論の検証を行う。

油画現教員作家だからこそ成しえる新たな視点によるアプローチ。彼らの創作・研究・教育が、未だ描かれていない21世紀の風景に出会う契機を与えてくれそうだ。

『異界の風景 ―東京藝大油画科の現在と美術資料―』

2009年10月2日(金)~11月23日(月・祝)
会場:東京藝術大学大学美術館
時間:10:00~17:00(入館時間は16:30まで)
休館日:月曜日(ただし10月12日(月・祝)、11月23日(月・祝)は開館、10月13日(火)は休館)

出品者参考作品:
絹谷幸二
小山穂太郎
坂口寛敏
齋藤芽生
保科豊巳
坂田哲也
O JUN
東谷武美
三井田盛一郎
中村政人
工藤晴也
佐藤一郎
大西博
池田嘉人

料金:一般1,000円、高校・大学生600円 ※中学生以下は無料
主催:東京藝術大学
企画:東京藝術大学絵画科油画・「異界の風景」展実行委員会
助成:財団法人野村国際文化財団 藝大フレンズ賛助金助成事業
問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

関連イベント

シンポジウム

2009年10月27日(火)
会場:東京藝術大学美術学部中央棟第1講義室
時間:17:00~18:30
パネラー:
塚原史(早稲田大学法学学術院教授)
鷹見明彦(美術評論家)
東京藝術大学絵画科油画教員14名
料金:無料

(画像上:中村政人、画像中:O JUN、画像下:杉全 直 「たかげた」 1949 油彩)

  • HOME
  • Art,Design
  • 東京藝大油画科現職教員の自作と自ら選んだ収蔵品のコラボ展『異界の風景』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて