スピルバーグとピーター・ジャクソンが贈る感動作、天国へ行った少女の物語『ラブリーボーン』

スティーブン・スピルバーグが製作総指揮、ピーター・ジャクソン監督を務める映画『ラブリーボーン』が2010年1月29日より全国公開される。

同映画は、世界30ヶ国以上で1000万部以上を売り上げ、一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説『The Lovely Bones』を映画化したもの。スティーブン・スピルバーグと『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンというハリウッド映画界きっての2人が手がけることで感動大作に仕上がっている。

主人公は、ある日突然に暴行を受け、殺された14歳の少女・スージー。彼女は、行き着いた天国から事件後の家族や友人たちの生活を見守り、犯人の半生も見どけることになるという切なくもファンタジックな内容だ。スージーが殺されたことで「死」に直面し、悲しみを受け止めきれずに静かに崩れてゆく家族の姿と、彼らが再び悲しみを克服しひとつになるまでの再生を描いている。

これまでにない設定と、天国にいるスージーの想いが巡る奇跡が、私たちの心に響き渡る感動を呼び起こすだろう。

『ラブリーボーン』

2010年1月29日(金)より丸の内ピカデリー他、全国拡大ロードショー
監督:ピーター・ジャクソン
製作:ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ
原作:アリス・シーボルト
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
キャスト:
シアーシャ・ローナン
マーク・ウォールバーグ
レイチェル・ワイズ
スーザン・サランドン
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

(画像:©2009 DW STUDIOS L.L.C. All Rights Reserved.)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • スピルバーグとピーター・ジャクソンが贈る感動作、天国へ行った少女の物語『ラブリーボーン』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて