成海璃子と北乃きいが問う戦いの意味、映画『武士道シックスティーン』

作家・誉田哲也の青春スポコン小説『武士道シックスティーン』が映画化される。

主人公は2人の少女剣道選手・香織と早苗。3歳から鍛錬を積んできた剣道エリートの香織は、ある大会で無名の選手に負けたことが忘れられず、その選手を追って強豪校に入学する。しかし、そこで再開した早苗は、剣道は楽しむのがモットーと語る剣道実績がほぼないに等しいお気楽少女だった。拍子抜けしながらも、自らの敗因を突き止めるため早苗の天性の力を引き出そうとする香織。香織の気迫に押されていた早苗も、真剣勝負の面白さに目覚めだす。対照的な2人の戦いから、戦いや勝つことの意味を問いかける青春物語だ。

キャストには、香織を演じる成海璃子、早苗役の北乃きいに加え、石黒英雄、板尾創路、荒井萌、山下リオ、堀部圭亮らが名を連ねる。監督は『さよならみどりちゃん』『奈緒子』『ホームレス中学生』など、等身大の青春映画を手がけてきた古厩智之。主人公2人の揺れ動く関係をユーモアを交えながら描くと同時に、剣道の迫力をダイナミックな映像表現で再現している。

公開は2010年春を予定。

『武士道シックスティーン』

2010年春、テアトル系にて公開
監督:古厩智之
脚本:古厩智之、大野敏哉
原作:『武士道シックスティーン』誉田哲也(文藝春秋刊)

キャスト:
成海璃子
北乃きい
石黒英雄
荒井 萌
山下リオ
高木古都
賀来賢人
波瑠
古村比呂
堀部圭亮
小木茂光
板尾創路

配給:ゴー・シネマ

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 成海璃子と北乃きいが問う戦いの意味、映画『武士道シックスティーン』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて