「鉄割」主宰の戌井昭人とイラストレーター・多田玲子による書籍が2冊刊行に

戌井昭人と、イラストレーター・多田玲子が作画を手がけた2冊の書籍『八百八百日記(やおやおにっき)』と『ただいま おかえりなさい』が、12月中に刊行される。

小説『まずいスープ』が今年の芥川賞候補に選ばれるなど注目を集める戌井は、パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」の主宰を務める人物。多田は、2人組ガールズユニット「Kiiiiiii」のドラマーとしても活動するなど、多彩な活動でも人々を魅了している。

創英社から刊行される『八百八百日記』は、12センチ四方の小さなオールカラー絵本。野菜と果物の短いストーリー全50話が散りばめられており、制作の際に戌井と多田は互いに内容を見せず、2人同時に文章と絵を仕上げたとのこと。それぞれの表現が絵本の中で愉快に出会った作品に仕上がっているという。

ヴィレッジブックスから刊行される『ただいま おかえりなさい』は、5年ほど前から手作りで販売していた手製文庫本2冊がひとつに組み合わさった短編集。文とイラストで綴られた喜怒哀楽の113話と挿絵が綴られた不思議な本の劇場として楽しむことができる。

なお、同書には作家の川上未映子が「眠るとき、目覚めるときに、いつだって、この本の世界に戻ってゆけるようにって、枕もとに置いています。だいすきです。」とコメントしているほか、作家・いしいしんじは「後頭部に何かとまっているのに気づかないで笑っている人、突如手を伸ばしてパクリと食べてしまい、それでも笑っているような人が書いています。合法的に頭のなかに青空が広がります。」とあたたかい賛辞の言葉を寄せている。

なお鉄割アルバトロスケットは、OORUTAICHIとcontact Gonzoをゲストに迎えた新作公演『四畳半オアシスロケット』の上演も控えているので、書籍とあわせてこちらもチェックしておこう。

『八百八百日記』

2009年12月発行予定
作:戌井昭人
絵:多田玲子
発行:創英社

『ただいま おかえりなさい』

2009年12月26日発売
価格:1,470円(税込)
作:戌井昭人
絵:多田玲子
発行:ヴィレッジブックス

amazonで購入する

鉄割アルバトロスケット公演
『四畳半オアシスロケット』

2009年12月26日(土)
会場:東京 六本木スーパー・デラックス
出演:
鉄割アルバトロスケット+OORUTAICHI

2009年12月27日(日)
会場:東京 六本木スーパー・デラックス
出演:
鉄割アルバトロスケット+contact Gonzo

料金:前売2,500円 当日2,800円(1ドリンク代別)

  • HOME
  • Book
  • 「鉄割」主宰の戌井昭人とイラストレーター・多田玲子による書籍が2冊刊行に

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて