ニュース

国際的グラフィック・デザイナーのネヴィル・ブロディが作品集発売、2月に原宿で個展

国際的に活躍するアート・ディレクター、グラフィック・デザイナーのネヴィル・ブロディによる3大イベントが、2009年2月に東京で開催される。

ブロディは1957年ロンドン生まれ。1980年代の「ニューウェイブ」と同じ感覚でインディーズのレコジャケや雑誌『The Face』などの誌面をデザインし、世界の若いクリエイターに絶大な影響を及ぼした。また、彼はグラフィック・デザインやフォント制作にMacを用いた第一世代でもあり、彼の制作した書体「Industria」などはデザインに関心のない人でも見たことがあるだろう。日本では、メンズ・ビギやパルコなどのデザインを担当している。

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(GGG)から発行されるデザイン集シリーズggg Booksから、ブロディの作品集が発売される。『The Face』や『Arena』など代表作を豊富に紹介し、ブロディのグラフィックの世界観、他方面からブロディの貢献とその成功に迫る。

1月31日から2月10日までは、原宿ロケットにて本の出版を記念した個展を開催。ブロディのキュレーションで、過去の作品から作りおろしの最新作までをコラージュとして仕上げたプレゼンテーションとなる。

また展覧会オープンに先立ち、1月28日にブリディッシュ・カウンシル招待によるブロディのトークショーも開催予定。彼の作品やデザインへの思い、ユニークな視点やインスピレーションなどについて、本人が語る貴重な機会だ。

ブロディによる限定記念ポスターもロケットで販売予定。

『ネヴィル・ブロディ 作品集出版記念個展』

2009年1月31日(土)~2月10日(火)12:00~19:30
会場:space_ROCKET(東京・原宿)
料金:無料
休館日:隔週の水・木曜日

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談