ニュース

六ヶ所村を舞台に描かれる愛おしさと重圧、木村文洋監督作品『へばの』

これまでにさまざまなドラマが描かれてきた青森の六ヶ所村。そんな青森県六ヶ所村で生きる男女の別れと再会を丹念に描いた、恋愛映画木村文洋監督作品『へばの』が1月31日から公開される。「へばの」とは青森の方言で「さようなら」を意味している。

舞台は核燃料再処理工場がある青森県六ケ所村。この地で生活する紀美(きみ)と彼女の恋人であり、その工場で働く治(おさむ)。当たり前の様に結婚し、子供を産み家庭を築くことを夢見ていた2人にある事件をきっかけに大きく変わり始める。女性の愛おしさ、怖さ、地方の家族感、重圧などが気づくと静かにそこにいる。

監督・脚本は2007年公開『ラザロ』上映の中心メンバーの木村文洋。本作が初長編作品となる。上映期間中にはゲストを招いてのトークイベント、2月7日には木村文洋と関わりのある作家達の作品を一夜限りで上映する『へばの』公開記念オールナイトイベント『TOKYO NO WAVE』が開催。松江哲明監督の『セックスと嘘とビデオテープとウソ』をはじめとする6作品が上映される。

『へばの』

監督・脚本: 木村文洋
プロデューサー: 桑原広考

キャスト:
西山真来
長谷川等
工藤佳子
吉岡睦雄

製作・配給: team JUDAS

トークイベント

2009年2月2日(月)
ゲスト:鎌仲ひとみ(映像作家)
2009年2月3日(火)
ゲスト:横浜聡子(映画監督)
2009年2月6日(金)
ゲスト:風間志織(映画監督)
2009年2月8日(日)
ゲスト:安川奈緒(詩人)

登壇者:木村文洋監督、加瀬修一(司会)

『へばの』公開記念オールナイト『TOKYO NO WAVE』

2009年2月7日(土)OPEN 22:45 / START 23:00
当日受付(10:25~)順の入場
料金:前売2,000円 当日2,300円

上映作品:
『紅葉』(2008年/50分/山崎樹一郎監督)
『つめたいあたたかい』(2007年/27分/成冨佳代監督)
『LINE』(2008年/50分/小谷忠典監督)
『セックスと嘘とビデオテープとウソ』(2008年/30分/松江哲明監督)
『ちえみちゃんとこっくんぱっちょ』(2006年/50分/横浜聡子監督)
『ナショナルアンセム』(2003年/100分/西尾孔志監督)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る