ニュース

【フォトレポート】『ART@AGNES アグネスホテル アートフェア 2009 ファイナル』

日本初のホテルを使ったアートフェアとして人気を博したART@AGNESが、5回目となる今年で惜しまれながら最終回を迎えた。

1月10日、11日にアグネスホテル アンド アパートメンツ東京(東京・神楽坂)で行われた『ART@AGNES アグネスホテル アートフェア 2009』をレポートする。



近年、世界でも日本でも新しいアートフェアが次々と開催されている。その中でも『ART@AGNES』の特徴は、委員会による選考を経たギャラリーによる質の高いコンテンポラリーアート作品(2009年は32ギャラリーが出展)と、ホテルの客室を利用した珍しい展示のかたちである。

入場して最初の部屋はオオタファインアーツの展示。なんと部屋全体がまるごと梅田哲也の空間インスタレーション作品になっている。写真はその一部分で、部屋の一角に積まれた羽根が時折舞い上がる仕掛け。机の上のホテルカードには梅田氏のサインがさりげなく置かれ、バスルームにも水が循環する仕掛けがあった。


モリユウギャラリーの窓辺を彩る五十嵐英之の大きな写真作品。エプソンのプリント技術ピエゾグラフを駆使したとても滑らかな質感が目を引く。彼は今夏同ギャラリーで個展を開催予定。





タロウ ナスの部屋ではベッドルーム全体を使って佐々木憲介の油彩画がずらっと並べられていた。脇のオブジェまですべて作家本人が設置したそう。新作ということで、部屋が絵の具のいいにおいに包まれていた。

小山登美夫ギャラリーからは多くの作家の作品が出展されていた。写真は大竹利恵子の2008年の彫刻作品、『ともだち』。


アラタニウラノの部屋のベッドには梅津庸一の自画像。本人の私物である服や写真に周りを囲まれていた。



同じくアラタニウラノから、淺井裕介のバスルームインスタレーション。鏡に施されたペインティングは会場近くの公園から採取した土を使用しており、「場」の特性を利用するという作家の姿勢が表れている。トイレの上に座っているオブジェは、過去の展示作品で使用されたマスキングテープによって作られており、軌跡が感じられる、作家にとって大切な存在。




カイカイキキギャラリーからうれしいサプライズ!と用意された福袋はなんと完売。さらに、Tシャツの販売が行われていた。写真手前が青島千穂、奥が村上隆のデザイン。


山本現代の部屋では宇川直宏がライブドローイングを行っていた。観客のリクエスト(生き物に限定)の中から、作家によって無作為に選ばれたモチーフを描いていく。そうして次々生み落とされる生き物たちは、前に描かれた生き物の遺伝情報を受け継ぐ。例えばタコの次に生まれたウサギは8本足という具合。ユニークな「出産シーン」に、立ち会った観客も興味津々の様子だった。


あまりの人気のためチケットが完売にまでなった今回の『ART@AGNES ファイナル』。ホテルの部屋に合わせて作られたため、たった2日間のこの場限りでしか見ることができない作品もあり、注目の現代美術ギャラリーが集結する貴重な機会とあって多くのアートファンと業界人でにぎわっていた。

実行委員会は来年以降、ART@AGNESを母体とした別のかたちで活動予定とのこと。ギャラリーとは一味違ったホテルという展示空間で新しいアートを見せてくれたART@AGNES、そして盛り上がってゆく日本のアートイベントの今後が楽しみである。

(投稿・撮影:岩木万里)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと