ニュース

同一作家のテキストをリーディングする『横濱・リーディングコレクション』、最終回は三島由紀夫

1回の公演で、同一作家のテキストを、リーディング形式で上映するスタイルの『横濱・リーディング・コレクション』。5回目を迎え、最終回となる公演が、横浜の相鉄本多劇場で2月21日から2月22日まで行われる。

今回は、日本の近代文学を代表する作家・三島由紀夫の 『美と共同体と東大闘争』、 『わが友ヒットラー』 、『レター教室』、『班女(近代能楽集)』の4作品を取り上げる。

同一作家のテキストをまとめて取り上げる狙いは、舞台表現の深度を示すとともに、演出家・俳優の違いによる表現の幅を示し、舞台表現の新しい可能性を探ることだという。過去4回の公演では、福田恆存、太宰治、宮沢賢治、岸田國士を、それぞれ取り上げている。

『横濱・リーディングコレクション#FINAL「三島由紀夫を読む!」』

2009年2月21日(土)~2月22日(日)
会場:相鉄本多劇場(横浜)

Aプログラム

『美と共同体と東大闘争』
出演:
久堂秀明
田口アヤコ
八ツ田裕美
江村桂吾
研究・演出補:角本敦

『わが友ヒットラー』
出演:
服部健太郎(タテヨコ企画)
好宮温太郎(タテヨコ企画)
小菅紘史(第七劇場)
林佐智子

Bプログラム

『レター教室』
田中新一(東京メザマシ団)
寺西麻利子
吉田能(PLAT-formance)

『近代能楽集』より『班女』
川渕優子(shelf)
青木佳文(shelf)
大川みな子(shelf)
百花亜希
櫻井晋

※1プログラム2作品、各プログラム2回ずつ公演
※『美と共同体と東大闘争』、『わが友ヒットラー』、『レター教室』は一部分の抜粋による上演

料金:
1プログラム 前売2,200円 当日2,700円(日時指定・全席自由席)
2プログラム(4作品)セット券3,800円(前売のみ)
主催:横濱・リーディング・コレクション実行委員会(shelf内)
問い合わせ:
横濱・リーディング・コレクション実行委員会(shelf内)090-6139-9578 
横浜SAAC事務局(相鉄本多劇場内)045-319-2150(13:00~18:00)

(画像上:横濱・リーディング・コレクション#FINAL フライヤー写真、画像中:横濱・リーディング・コレクション#3岸田國士を読む~「顔」舞台写真 演出:矢野靖人(shelf)、画像下:横濱・リーディング・コレクション#3岸田國士を読む~「動員挿話」舞台写真  演出:楢原拓(チャリT企画)、写真/藤倉善郎)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー