ニュース

風力で自ら歩行するアート作品がアジア初上陸、『テオ・ヤンセン展』が日比谷で開催中

風力を動力源として歩行する造形物を創り出す、オランダ人アーティストの展覧会、『テオ・ヤンセン展』が、日比谷パティオ特設会場にて4月12日(日)まで開催中。テオ・ヤンセンの展覧会は、今回がアジア初の開催となっている。

テオ・ヤンセンは大学で物理学を学び、1990年から風力で歩く立体作品を制作している。これらの作品群は「ストランドビースト」(オランダ語で「砂浜生物」の意)と呼ばれ、乳白色のプラスティックチューブでできた骨格を持つ。沢山の足をカタカタと動かして前へ進む姿は、ユーモラスでありながら神秘的に観る者を圧倒する。2006年に作品と彼自身が出演したBMWのCMが南アフリカで放映され、インターネットの動画投稿サイトでも話題を集めた。

同展ではメイン作品『アニマリス・モデュラリウス』、『アニマリス・オルディス』の他、大型作品11体を展示。作品のパーツや直筆スケッチなども展示される。展覧会公式ウェブサイトによると『アニマリス・モデュラリウス』は、実際に動くところを鑑賞できるデモンストレーションも土日祝日のお昼から夕方にかけて数回行われる予定だ。『アニマリス・オルディス』は、鑑賞者自身が動かして体験することができ、会場で人気のイベントとなっているという。

いつもは砂浜を歩き回っている「ストランドビースト」が、日比谷の展示会場でどんなふうに動きだすのだろう。実物を目にする絶好の機会を、お見逃しなく。

『テオ・ヤンセン展 -新しい命の形-』

2009年1月17日(土)~4月12日(日)
会場:日比谷パティオ特設会場・三信ビル跡地
時間:10:00~21:00(最終入場は20:30)
休館日:2月15日(日)のみ施設点検のため閉場
料金:1,500円(税込)※小学生以下は無料

(投稿:天沢もとき)
(画像:© Theo Jansen)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー