ニュース

風力で自ら歩行するアート作品がアジア初上陸、『テオ・ヤンセン展』が日比谷で開催中

風力を動力源として歩行する造形物を創り出す、オランダ人アーティストの展覧会、『テオ・ヤンセン展』が、日比谷パティオ特設会場にて4月12日(日)まで開催中。テオ・ヤンセンの展覧会は、今回がアジア初の開催となっている。

テオ・ヤンセンは大学で物理学を学び、1990年から風力で歩く立体作品を制作している。これらの作品群は「ストランドビースト」(オランダ語で「砂浜生物」の意)と呼ばれ、乳白色のプラスティックチューブでできた骨格を持つ。沢山の足をカタカタと動かして前へ進む姿は、ユーモラスでありながら神秘的に観る者を圧倒する。2006年に作品と彼自身が出演したBMWのCMが南アフリカで放映され、インターネットの動画投稿サイトでも話題を集めた。

同展ではメイン作品『アニマリス・モデュラリウス』、『アニマリス・オルディス』の他、大型作品11体を展示。作品のパーツや直筆スケッチなども展示される。展覧会公式ウェブサイトによると『アニマリス・モデュラリウス』は、実際に動くところを鑑賞できるデモンストレーションも土日祝日のお昼から夕方にかけて数回行われる予定だ。『アニマリス・オルディス』は、鑑賞者自身が動かして体験することができ、会場で人気のイベントとなっているという。

いつもは砂浜を歩き回っている「ストランドビースト」が、日比谷の展示会場でどんなふうに動きだすのだろう。実物を目にする絶好の機会を、お見逃しなく。

『テオ・ヤンセン展 -新しい命の形-』

2009年1月17日(土)~4月12日(日)
会場:日比谷パティオ特設会場・三信ビル跡地
時間:10:00~21:00(最終入場は20:30)
休館日:2月15日(日)のみ施設点検のため閉場
料金:1,500円(税込)※小学生以下は無料

(投稿:天沢もとき)
(画像:© Theo Jansen)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会