ニュース

『101TOKYO Contemporary Art Fair 2009』、今年は国内外から34ギャラリー出展

今年で2回目を迎える国際現代アートフェア『101TOKYO』が、4月2日から5日まで秋葉原のアキバ・スクエアにて開催される。今回はディレクターをジェイソン・ジェンキンス、クリエイティブディレクターをmagical, ARTROOMのディレクター・伊藤悠が務める。

2月3日にはART iT編集長の小崎哲哉らによる選考を経た出展ギャラリーも発表されている。こちらは国内の新進ギャラリーやアーティストの紹介を主眼に置いたセレクションのようだ。日本ではなかなか見るチャンスの少ない、海外ギャラリーの展示も楽しみのひとつとなっている。

さらに、ギャラリーの展示だけでなく、今年もアーティストプロジェクトやレクチャーを企画中とのこと。業界人もアーティストもアートファンも一緒に楽しめる、エキサイティングなイベントになるだろう。

なお、同期開催の『アートフェア東京』会場とはおよそ20分ほどで移動可能なのも見逃せない点だ。CINRA.NETでは昨年のフォトレポートも紹介しているので興味のある方は是非チェックしてほしい。

『101TOKYO Contemporary Art Fair 2009』

2009年4月2日(木)11:00~20:00
2009年4月3日(金)11:00~20:00
2009年4月4日(土)10:00~19:00
2009年4月5日(日)10:00~17:00
会場:アキバ・スクエア(東京・秋葉原)
入場料:1,000円(10歳以下無料)

出展ギャラリー一覧:
AFRONOVA(南アフリカ共和国)
Andrew James(中国)
アートコートギャラリー(大阪、日本)
アートデータバンク(東京、日本)
art project frantic(東京、日本)
Art Statements(香港)
Berengo Collection(イタリア/日本)
Carmichael Gallery of Contemporary Art(アメリカ合衆国)
CASHI(東京、日本)
クリアエディション(東京、日本)
eitoeiko(東京、日本)
ファーブル芸術事務所(大阪、日本)
galeria de muerte(東京、日本)
ギャルリーパリ(横浜、日本)
ギャラリー・ショウ・プロジェクツ(東京、日本)
ギャラリージン プロジェクツ(東京、日本)
GALLERY MoMo(東京、日本)
ギャラリーQ(東京、日本)
ギャラリーラファイエット(沖縄、日本)
ギャラリー四門(横浜、日本)
ギャラリー・テラ・トーキョー(東京、日本)
habres+partner Gallery(オーストリア)
松尾惠 + ヴォイス・ギャラリー pfs/w(京都、日本)
mountain fold(アメリカ合衆国)
中落合ギャラリー(東京、日本)
Nuestra(メキシコ)
ユミコ チバ アソシエイツ ビューイングルーム銀座(東京、日本)

101TOKYOギャラリーとして参加:
ギャラリー小柳
GALLERY SIDE 2
Hiromi Yoshii
ShugoArts
SCAI THE BATHHOUSE
タカ・イシイギャラリー
小山登美夫ギャラリー

(画像:昨年度展示風景 © Nanaya Hiroshi)
(投稿:岩木万里)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会