ニュース

『イラストレーション2009 ザ・チョイス大賞展』2008年度入選者の原画一挙公開

銀座・伊東屋の本館9階ギャラリーで、『イラストレーション2009 ザ・チョイス大賞展』が2月23日(月)まで開催されている。

「ザ・チョイス」は、玄光社が発行する雑誌『イラストレーション』の誌上コンペで、イラストレーターになるための登竜門とされている。毎号異なる審査員が一人で入選作品を選ぶのが特徴となっており、年末にはその年の審査員全員で年間に選出された全ての入選作品を審査し、年度賞受賞者を決定する。2008年度の審査を担当したのは、平川彰(幻冬舎デザイン室・室長)、松尾たいこ(イラストレーター)、山口晃(画家)、松浦弥太郎(暮らしの手帖・編集長)、安西水丸(イラストレーター)、葛西薫(アートディレクター)の6名。

本展では、年度賞の「大賞」に見事輝いた東才子の作品を含め、2008年度の入選者58名全員の原画(計99点)と、作家ごとの作品ファイルを鑑賞できる。各審査員のコメントを載せたパネルも展示されており、見方の違いなどが感じられるので、こちらも見所。なお、会場では、2008年度の『イラストレーション』のバックナンバーや、イラストレーション関連書籍の販売も行っている。

『イラストレーション2009 ザ・チョイス大賞展』

2009年2月11日(水)~23日(月)
会場:銀座伊東屋 9階ギャラリー(東京・銀座)
時間:10:30~19:00(日~火)、10:30~20:00(水~土)※最終日は18:00まで
料金:無料

(投稿:天沢もとき)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会