ニュース

新宿シアタートップスのラストイベント、東京サンシャインボーイズが15年ぶりに再集結

3月29日に閉館を迎える新宿の小劇場、シアタートップスのラストイベントとなる『さよならシアタートップス 最後の文化祭』が、3月18日から行われる。

同イベントは昼の部のスペシャルイベント、夜の部の短編オムニバス公演と東京サンシャインボーイズ公演の大きく3部に分かれて構成。昼の部は柳家喬太郎らによる落語イベントや、三浦大輔(ポツドール)、青木豪(グリング)、蓬莱竜太(モダンスイマーズ)ら若手演劇業界で注目を集める面々によるトークショー、ラサール石井、山口良一、小倉久寛らによるライブ&トークなど、さまざまな角度から楽しむ演劇イベントとなっている。

対する夜の部は1公演につき3劇団が出演するオムニバス公演を上演。ラッパ屋、泪目銀座、グリング、ONEOR8、双数姉妹、劇団一跡二跳、ペテカン、熱帯(iOJO!)の8組が出演。そして、今回の目玉となるのが連日21:30から行われる、「東京サンシャインボーイズ」の15年ぶりとなる公演だ。東京サンシャインボーイズは映画『ラヂオの時間』、『ザ・マジックアワー』などはもちろん脚本家としても活躍する三谷幸喜率いる劇団。1994年の公演を最後に30年間の充電期間に入っていたが、思い出の地となるシアタートップスの最後を飾るべく再結集を遂げる。

小劇場界を23年間にわたって支え続けてきた劇場のフィナーレにふさわしい豪華なイベント。イベント内容の詳細はオフィシャルサイトでチェックしてほしい。

東京サンシャインボーイズを除くチケットの一般発売は2月22日からスタート。東京サンシャインボーイズ公演はe+によるインターネット抽選受付のみの取扱いとなっており、1次受付は本日から12:00から2月22日(日)18:00まで受付中だ。

『さよならシアタートップス 最後の文化祭』

2009年3月18日(水)~29日(日)
会場:THEATER/TOPS(東京・新宿)
主催:THEATER/TOPS

昼の部スペシャルイベント

『落語三人会』

2009年3月19日(木)14:00開演

出演:
柳家喬太郎
風間杜夫
小宮孝泰

壱組印
『劇的人生劇場~彼の人生の場合~』

2009年3月20日(金)14:00開演

出演:
大谷亮介
草野徹
トーク&ライブ:
原田宗典
野田晴彦
大塚健司
小野康子

『国本武春ライブ』

2009年3月24日(火)14:00開演

出演:
国本武春
ゲスト:
グループる・ばる(松金よね子・田岡美也子・岡本麗)・

『落語二人会』

2009年3月25日(水)14:00開演

出演:
春風亭昇太
柳家花緑

『トークショー』

2009年3月26日(木)14:00開演

出演:
いのうえひでのり(劇団☆新感線)
内藤裕敬(南河内万歳一座)
三浦大輔(ポツドール)
青木豪(グリング)
蓬莱竜太(モダンスイマーズ)
古城十忍(劇団一跡二跳)
永井愛(二兎社)
坂手洋二(燐光群)

『ライブ&トーク』

2009年3月27日(金)14:00開演

出演:
ラサール石井
山口良一
小倉久寛
Beans(丸山優子・小林美江・福島まり子)

料金:3,500円(全席指定・税込)
※一部ベンチシート(整理番号付き)あり
問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

夜の部1短編オムニバス公演(土日マチネ公演あり)

参加劇団:
ラッパ屋
泪目銀座
グリング
ONEOR8
双数姉妹
劇団一跡二跳
ペテカン
熱帯(iOJO!)
※1公演につき3劇団が出演するオムニバス公演

料金:3,500円(全席指定・税込)
※一部ベンチシート(整理番号付き)あり
問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

夜の部2
東京サンシャインボーイズ公演

2008年3月18日(水)~3月28(土)21:30開演
2008年3月29日(日)18:00開演

料金:3,500円(全席指定・税込)
※一部ベンチシート(整理番号付き)あり

問い合わせ:e+ 0570-06-9954 (全日10:00~18:00)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー