ニュース

新宿 芸能花伝舎『廃校フェス2009』に曽我部恵一、キセル、ウリチパン郡ら27組出演決定

5月6日に新宿の芸能花伝舎(旧新宿区立淀橋第三小学校)で開催される『廃校フェス2009』の第1弾出演アーティストが発表された。同イベントは今年で2年目。前回より教室数を増やし、2倍の規模で開催される。

出演が明らかになったのは曽我部恵一、キセル、HARCO、ウリチパン郡、にせんねんもんだい、Limited Express (has gone?)、イルリメ、サイプレス上野とロベルト吉野、younGSounds、ゆーきゃん、百景、henrytennis、オムゾンビ+大竹康範(マヒルノ)、shibata & asunaら27組。今後も随時出演バンドの追加発表が行われる予定だ。

また、同イベントは通常のフェスと異なり、イベンターがそれぞれ1教室ごとの企画を担当している。今年はアーティスト主導のイベントチーム「CLOSER」や、京都ボロフェスタの開催チームによる「eetee」などが参加している。

前売チケットの発売は3月11日からスタートする。

『廃校フェス2009』

2009年5月6日(水・休日)OPEN / START 12:00 / END 20:30
会場:芸能花伝舎(東京・新宿)

出演:
曽我部恵一
キセル
HARCO
ウリチパン郡
にせんねんもんだい
Limited Express (has gone?)
イルリメ
サイプレス上野とロベルト吉野
younGSounds
ゆーきゃん
百景
cryv
henrytennis
shibata emico
trico!
catsup
Pマン
小村恵美
西宮灰鼠
Jon(犬)
オムゾンビ+大竹康範(マヒルノ)
Motallica+yudayajazz
opq
shibata & asuna

Hidenobu Ito
鈴木康文
and more

料金:前売:3,200円(整理番号付き) 当日4,000円 
前売券発売日:3月11日
チケット取り扱い:
e+
disk union都内各店
高円寺Sunrain Recordsにて
主催:廃校フェス実行委員会、blunstone inc.
後援:芸能花伝舎、disk union

(画像上:ウリチパン郡、画像中:キセル、画像下:HARCO)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く