ニュース

ターミネーターの撮影で使われた衣装や現代のロボット技術を鑑賞『ターミネーター展』

東京・お台場にある日本科学未来館で、企画展『ターミネーター展 ~戦いか、共に生きるか?ロボットとボクらの未来~』が3月19日(木)から6月28日(日)まで開催される。

映画『ターミネーター』シリーズでは、人間とコミュニケーションをとりながら共存するロボットと人間にとって脅威となるロボットの両方が描かれている。同作の第1作が公開されたのは1984年。現在ではペットロボットや掃除ロボットが登場し日常生活で活躍するようになり、ますます人間とロボットの関係について考える時がきているといえるだろう。

会場は4つのゾーンで構成されており、ゾーン1~3の「ターミネーターの世界」では特殊効果演出の巨匠スタン・ウィンストンが手がけたロボット型プロップ実物、撮影で使用された小道具、衣装、アートワークなどを展示。いずれも日本初公開の貴重な内容ばかりとなっている。また、Zone4の「人間とロボットの未来は?」では、「人間とロボットのコミュニケーション」をテーマにロボットの未来について考える展示が行われる。

『ターミーネーター』の歴史を振り返りながら、展示を通じてロボット技術のあり方とその未来について考えるきっかけになる展示になりそうだ。

『ターミネーター展 ~戦いか、共に生きるか? ロボットとボクらの未来~』

2009年3月19日(木)~6月28日(日)
会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンb

時間:10:00~17:00(入館は閉館時間の30分前まで)※5月2日~6日は18:00まで開館
休館日:毎週火曜日 ※祝日および3月31日は開館
料金:大人1,200円 18歳以下500円 団体(8名以上)大人1,000円 18歳以下400円
※常設展示見学可
※小学校未就学児は無料

(画像:© 2009 Sony Pictures Releasing International. All Rights Reserved.)
(投稿:天沢もとき)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開