ニュース

ターミネーターの撮影で使われた衣装や現代のロボット技術を鑑賞『ターミネーター展』

東京・お台場にある日本科学未来館で、企画展『ターミネーター展 ~戦いか、共に生きるか?ロボットとボクらの未来~』が3月19日(木)から6月28日(日)まで開催される。

映画『ターミネーター』シリーズでは、人間とコミュニケーションをとりながら共存するロボットと人間にとって脅威となるロボットの両方が描かれている。同作の第1作が公開されたのは1984年。現在ではペットロボットや掃除ロボットが登場し日常生活で活躍するようになり、ますます人間とロボットの関係について考える時がきているといえるだろう。

会場は4つのゾーンで構成されており、ゾーン1~3の「ターミネーターの世界」では特殊効果演出の巨匠スタン・ウィンストンが手がけたロボット型プロップ実物、撮影で使用された小道具、衣装、アートワークなどを展示。いずれも日本初公開の貴重な内容ばかりとなっている。また、Zone4の「人間とロボットの未来は?」では、「人間とロボットのコミュニケーション」をテーマにロボットの未来について考える展示が行われる。

『ターミーネーター』の歴史を振り返りながら、展示を通じてロボット技術のあり方とその未来について考えるきっかけになる展示になりそうだ。

『ターミネーター展 ~戦いか、共に生きるか? ロボットとボクらの未来~』

2009年3月19日(木)~6月28日(日)
会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンb

時間:10:00~17:00(入館は閉館時間の30分前まで)※5月2日~6日は18:00まで開館
休館日:毎週火曜日 ※祝日および3月31日は開館
料金:大人1,200円 18歳以下500円 団体(8名以上)大人1,000円 18歳以下400円
※常設展示見学可
※小学校未就学児は無料

(画像:© 2009 Sony Pictures Releasing International. All Rights Reserved.)
(投稿:天沢もとき)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進