ニュース

半野喜弘によるプロジェクト「RADIQ」と蓮沼執太チームがツーマンライブ

4月12日(日)にEaselが主催するライブイベント『RADIQ a.k.a. Yoshihiro HANNO vs 蓮沼執太チーム』が、渋谷O-nestにて開催される。

出演はタイトルにもあるとおりエレクトロニクスミュージックの最先端を疾走する音楽家、半野喜弘によるプロジェクト「RADIQ a.k.a. Yoshihiro HANNO 」と蓮沼執太 、石塚周太(detune.)、斉藤亮輔、Jimanica(d,v,d) による「蓮沼執太チーム」の2組。

RADIQ a.k.a. Yoshihiro HANNOには、映画『砂の影』の映画監督である甲斐田祐輔がビジュアルで参加するなど、映像とあわせたRADIQの世界観が楽しめるイベントとなりそうだ。

なお、昨年HEADZからリリースされた蓮沼執太のアルバム『ポップ オーガ』は、Western Vinylから2枚組アナログ盤でライセンスリリースが決定している。ボーナストラックを収録し、日本では4月中旬、アメリカ、カナダ、ヨーロッパでは6月のリリース予定となっている。

Easel presents
『RADIQ a.k.a. Yoshihiro HANNO vs 蓮沼執太チーム』

2009年4月12日(日)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:渋谷O-NEST

出演:
RADIQ a.k.a. Yoshihiro HANNO feat Tetsuya HEIKE(Sax, EWI) Takanori KAMEDA(Bass) and Yusuke KAIDA(Visual)
蓮沼執太チーム(蓮沼執太、石塚周太(detune.)、斉藤亮輔、Jimanica(d,v,d) )
DJ : drummatic(FLYREC)

料金:前売3,000円(ドリンク別) 当日3,500円(ドリンク別)
チケット販売:
チケットぴあ(Pコード:318-425)
ローソンチケット(Lコード:72642)
e+
渋谷O-NEST
主催・問い合わせ:Easel live@easelmusic.jp

(画像:Shuta Hasunuma "POP OOGA PLUS")

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡