ニュース

黒澤清も「出演」、オカルト番組のいかがわしさを凝縮した白石晃士監督映画『オカルト』

映画『口裂け女』や『ノロイ』などで、ホラーの新たな恐怖を開拓した映画監督・白石晃士による日常破壊系ホラー映画『オカルト』が、渋谷ユーロスペースにてレイトショー公開中だ。

『オカルト』は白石晃士監督自らが出演するフェイク・ドキュメンタリー作品。白石は3年前にとある観光地で起きた通り魔事件に並々ならぬ関心を抱くが、事件は犯行直後に犯人が飛び降り自殺し、死体が発見されたまま未解決になっていた。

その真相を究明すべく取材を開始した白石は、事件の唯一の生存者であり現在ネットカフェ難民として暮らす青年・江野に出会い、「事件そのものが神様のお告げだった」と奇怪な証言を得る。そして江野と行動をともにする白石は江野が隠していた計画に巻き込まれていく。

出演には白石監督をはじめ、事件唯一の生存者である江野祥平役を宇野祥平、通り魔事件の犯人の幼馴染、近藤太を近藤公園が演じるほか、映画『トウキョウソナタ』『アカルイミライ』の黒澤清監督、漫画家・渡辺ペコが本人役で登場しているのも見逃せない点だろう。また、音楽をHair Stylisticsこと中原昌也が手がけている。

かつて昭和の若者たちを熱狂させた「オカルト系ドキュメンタリー番組」のいかがわしさや、面白さをリアルに再現したという同作。怖さのみが際立つホラー作品とは違う、「オカルト」そのものを凝縮した世界が浮き彫りになるだろう。

『オカルト』

2009年3月21日からユーロスペースにてレイトショー公開中

監督・脚本・撮影・編集:白石晃士
挿入曲:Hair Stylistics(中原昌也)
機材協力:Chim↑Pom

出演:
宇野祥平
野村たかし
東美伽
吉行由実
近藤公園
大蔵省
篠原友希子
ホリケン。
高槻彰
鈴木卓爾(友情出演)
渡辺ペコ(特別出演)
黒沢清(特別出演)

制作・配給:イメージリングス

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年