ニュース

ユーモア溢れる看板が作り出す整然とした空間、中崎透個展が吉祥寺で開催

「看板の作家」として知られる中崎透による個展『「キロ」“重いのか遠いのか速いのか、分かれ道、もしくはうちに帰るのか”』が、4月12日(日)まで吉祥寺のArt Center Ongoingで開催されている。

中崎が知られるきっかけになった「看板」とは、ネオンで光り輝く居酒屋やスナックなどを連想させる作品たちのこと。ユーモア溢れるそれらの看板は、ひとつひとつを見ると胡散臭さとキッチュさを漂わせているが、一挙に展示されると整然としてスタイリッシュにも見える不思議さも併せもっている。

中崎は自身の看板作品について、「看板の内容にしても、絶妙なしょぼさであることがすごく大事だったりする」と語る。彼の作り出す繊細なバランスで構築される展示空間と、それぞれの看板が鮮やかな色彩とともに提示する言葉の世界を堪能してみよう。

中崎透
『「キロ」“重いのか遠いのか速いのか、分かれ道、もしくはうちに帰るのか”』

2009年4月1日(水)~4月12日(日)
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)
時間:12:00~21:00
定休日:月・火
料金:無料

Talk Saturday
「こんなメンツでビール片手に話したらおもしろいかな、と思って。/その2」

2009年4月11日(土)18:00~
出演:
Nadegata Instant Party[山城大督(岐阜)×野田智子(東京)×中崎透(茨城)]
料金:1,000円(ワンドリンク付き、先着30名様)

(画像上から:「αm PROJECT Favore-どうぞ」展示風景(2005)、「看板屋なかざき」展示風景(2007)、本展示DMイメージ)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開