ニュース

ユーモア溢れる看板が作り出す整然とした空間、中崎透個展が吉祥寺で開催

「看板の作家」として知られる中崎透による個展『「キロ」“重いのか遠いのか速いのか、分かれ道、もしくはうちに帰るのか”』が、4月12日(日)まで吉祥寺のArt Center Ongoingで開催されている。

中崎が知られるきっかけになった「看板」とは、ネオンで光り輝く居酒屋やスナックなどを連想させる作品たちのこと。ユーモア溢れるそれらの看板は、ひとつひとつを見ると胡散臭さとキッチュさを漂わせているが、一挙に展示されると整然としてスタイリッシュにも見える不思議さも併せもっている。

中崎は自身の看板作品について、「看板の内容にしても、絶妙なしょぼさであることがすごく大事だったりする」と語る。彼の作り出す繊細なバランスで構築される展示空間と、それぞれの看板が鮮やかな色彩とともに提示する言葉の世界を堪能してみよう。

中崎透
『「キロ」“重いのか遠いのか速いのか、分かれ道、もしくはうちに帰るのか”』

2009年4月1日(水)~4月12日(日)
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)
時間:12:00~21:00
定休日:月・火
料金:無料

Talk Saturday
「こんなメンツでビール片手に話したらおもしろいかな、と思って。/その2」

2009年4月11日(土)18:00~
出演:
Nadegata Instant Party[山城大督(岐阜)×野田智子(東京)×中崎透(茨城)]
料金:1,000円(ワンドリンク付き、先着30名様)

(画像上から:「αm PROJECT Favore-どうぞ」展示風景(2005)、「看板屋なかざき」展示風景(2007)、本展示DMイメージ)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら