ニュース

時間の経過とともに変化する作品で知られる注目の作家、宮永愛子の個展『はるかの眠る舟』

国内外の展覧会で高い評価を受けている期待の作家・宮永愛子が、4月22日(水)からミヅマアートギャラリーにて個展を開催する。

宮永愛子の作品は、化学物質を扱うことにより展示期間中に少しずつ変化することで知られている。彼女の代表的な作品は、常温で昇華する性質を持つナフタリンを使って靴や眼鏡などの日用品をかたどったオブジェ。それらは密閉されたアクリルケースの中でゆっくりと形を失っていき、再び結晶に戻っていく。その過程からは、流れ行く時間の経過が感じられるだろう。

同展では、照明を仄暗く落とした会場にひとつの「長持(ながもち)」が展示される。彼女はこの作品を通して、目覚めている 「時」と眠っている「時」の2つの「時」を複合的に提示するという。

なお、宮永は国立新美術館で現在開催されている『アーティスト・ファイル2009』にも出品中だ。ぜひ個展と合わせてチェックしてほしい。

宮永愛子展
『はるかの眠る舟』

2009年4月22日(水)~5月23日(土)
会場:ミヅマアートギャラリー(東京・目黒)
時間:11:00~19:00
休廊日:日・月・祝日(4月29日、5月3日~5月6日は開廊)

(画像上:「凪の届く朝(部分)」2008年 ナフタリン、ミクストメディア 写真:宮永愛子 、画像下:《結晶》写真:上野則宏 Courtesy the artist and Mizuma Art Gallery)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで