ニュース

他者と自己の間で揺れ動く作品たち、武藤亜希子『その部屋の奥の行き止まりの入り口』

1975年生まれの女性アーティスト、武藤亜希子の個展『その部屋の奥の行き止まりの入口』が、吉祥寺のArt Center Ongoingで4月26日まで開催されている。

武藤は2006年に東京芸術大学大学院博士後期過程油画コース満期修了後、木やFRP、テラコッタ、陶器などの素材を用いて立体作品を制作。生活の中で知り合った他者との記憶をきっかけに生まれるそれらの作品は、武藤と他社の間を揺れ動きながら姿や素材が変化するという。

武藤は自らの作品制作について「見る側の人の存在や、作品の基になる他者は、自分を宙ぶらりんにする様な感覚をもたらしてくれる。」と語っており、自分ではない人間の断片的な記憶や思いを出発点とする作品たちは、誰もが入り込むことのできる「隙」と、他者の記憶から想起された要素をあわせもって構築された綿密な世界を作り出している。

武藤亜希子
『その部屋の奥の行き止まりの入り口』

2009年4月15日(水)~4月26日(日)
時間:12:00~21:00
会場:Art Center Ongoing(東京・吉祥寺)
定休日:月・火
料金:無料

サンデーオープニングパーティー

2009年4月19日(日)18:00~

Pre Ongoing School

アーティストトーク

2009年4月26日(日)16:30~17:30
料金:1,000円(ケーキ+お茶付き)

ワークショップ「奥の部屋」

2009年4月26日(日)18:00~
料金:1,000円(ワンドリンク付き)

内容:
あなたの記憶の中にある部屋について、探りながら絵や小さな立体で表現していきます。引っ越ししたり、建て替えてたり、あるいは同じ部屋だったり、、、部屋にまつわるたくさんのエピソードを一緒に形にしていきましょう。

持参道具:
画材用具はこちらで用意します。
もし、昔住んでいた部屋にまつわる懐かしのもの、写真、その当時聞いていたCD等があったら、持参大歓迎。(手ぶらでもOK!!)

※アーティストトークとワークショップ両方に参加される方は、割引で1、500円になります。

(画像上:「下書きの家と色」展示風景(2007)、画像下:「そのオーロラを見るために」展示風景(2008))

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと