ニュース

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009』の出演者第1弾発表、77組が明らかに

7月31日から8月2日の3日間にわたり、茨城県国営ひたち海浜公園で開催されるロックフェスティバル『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009』の出演者第1弾が発表された。

今回明らかになったのはチャットモンチー、ウルフルズ、真心ブラザーズ、奥田民生ひとり股旅、泉谷しげる、PUFFY、ホフディラン、エレファントカシマシ、RHYMESTER、おとぎ話、cutman-booche、100s、Base Ball Bearなど計77組と、出演日。また、出演日が決定していないため、リストには加えられていないが、清竜人の出演も総合プロデューサー・渋谷陽一からのコメントで明らかになっている。

また、今年は新しいステージが2つ増設。4月22日からはオフィシャルサイトのチケット先行抽選予約受付が実施される。

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009』

2009年7月31日(金)~8月2日(日)OPEN 8:00 / START 10:30 / END 20:30
会場:茨城 国営ひたち海浜公園

7月31日出演:
ACIDMAN
UNCHAIN
andymori
ウルフルズ
奥田民生ひとり股旅
おとぎ話
カジヒデキ
cutman-booche
COMEBACK MY DAUGHTERS
GRAPEVINE
Ken Yokoyama
sister jet
Scoobie Do
チャットモンチー

TOTALFAT
怒髪天
knotlamp
THE NOVEMBERS
THE BACK HORN
BEAT CRUSADERS
100s
福原美穂
プリングミン
bonobos
monobright
MONGOL800
Yacht.
RIZE
RHYMESTER
RYUKYUDISKO
LOW IQ 01 & MASTER LOW
and more

8月1日出演:
泉谷しげる
岡林信康
GOOD 4 NOTHING
黒猫チェルシー
毛皮のマリーズ
サカナクション
サンボマスター
the chef cooks me
cinema staff
SEAMO
ジン
SPANK PAGE
星羅
dustbox
DOPING PANDA
のあのわ
Northern19
a flood of circle
Base Ball Bear
THE BAWDIES
UNISON SQUARE GARDEN
LOVE LOVE LOVE
and more

8月2日出演:
asphalt frustration
ART-SCHOOL
阿部真央
安藤裕子
エレファントカシマシ
8otto
音速ライン
SHAKALABBITS
serial TV drama
SBK(スケボーキング)
Superfly
曽我部恵一BAND
the telephones
PUFFY
HALCALI
People In The Box
People In The Box
FoZZtone
フジファブリック
ホフディラン
POLYSICS
真心ブラザーズ
MARS EURYTHMICS
and more

チケット:
前売7月31日、7月30日、8月1日、入場券各11,500円
前売7月31日、8月1日入場券22,000円
前売8月1日、8月2日入場券22,000円
前売3日通し入場券30,000円
前売7月31日、7月30日、8月1日、駐車券付き入場券各12,500円
前売7月31日、8月1日駐車券付き入場券24,000円
前売8月1日、8月2日駐車券付き入場券24,000円
前売3日通し駐車券付き入場券33,000円
※チケットは1枚につき購入者1枚まで有効
※6歳未満は入園・入場無料(保護者同伴に限る)
郵便振替先行予約受付:2009年2月18日(水)~3月5日(木)
※雨天決行(荒天の場合は中止)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける