ニュース

ジム・オルーク、グルーヴィジョンによる映像コラボが『はっぱっぱ体操』で実現

街づくりの開発に携わるつくばエクスプレス線「柏の葉キャンパスシティ」のアートプロジェクト「五感の学校プロジェクト」の一環として、街のシンボルとなるオリジナル体操、『はっぱっぱ体操』が制作された。企画制作は、2006年からイベントやワークショップを通じ、アートが街づくりに機能する可能性の検証しているスパイラル。

この体操は、振り付けをダンスカンパニー「イデビアン・クルー」のダンサー・斉藤美音子が、音楽をジム・オルーク、CGアニメーション制作をグルーヴィジョンズ手がけており、約3分30秒のクリエイティブな映像作品に仕上がっている。また、今秋にはDVDとして一般発売も行われる予定だ。

今後は定期的なワークショップを通じて市内全域に広めながら、地元企業や学校、各団体とのネットワークを通じて担い手を育成する予定となっている。体操から生まれる地域住民の交流とあわせて、映像作品としても注目を集めそうだ。

『はっぱっぱ体操』

振付:斉藤美音子
音楽:ジム・オルーク
美術(映画制作、衣装デザイン):グルーヴィジョンズ
監修:小林寛道(東京大学名誉教授)
企画制作:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター、読売広告社
協賛:三井不動産レジデンシャル株式会社

(画像:©groovisions)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける