ニュース

竹久圏、早川俊介のデュオ「KIRIHITO」、9年ぶりのアルバム『Question』はポップな1枚

キテレツかつ凶暴なライブでインディーズシーンのカリスマとして君臨するKIRIHITO(キリヒト)の9年ぶりとなるニューアルバム『Question』が、6月3日にリリースされる。

KIRIHITOはGROUPのメンバーとしても活動する竹久圏と、GAKIDEKAや高品格で活動する早川俊介のデュオ。ドラムとギターの研ぎ澄まされた編成でライトニング・ボルト、ヘラ、あふりらんぽより早く登場した彼らは、ギターをかき鳴らしながら足でカシオ・トーンを弾き、歌う竹久、スタンディング・スタイルでドラムを叩く早川という、見世物的ともいえるパフォーマンスで、シーンの支持を集めている。

今回のアルバムはエンジニアにDRY&HEAVY?の内田直之、演奏にCool Wise Menのトランペッターを迎えたほか、日本語歌詞を多用するなど、これまでにないキャッチーなメロディも特徴的なバラエティに富んだ作品になっている。

また、エンハンスド仕様で“Sai-bo”のミュージックビデオとオリジナルミュージックビデオ“Kirihito vs desco.tv (Shinjuku Super Acid Remix)”を収録。この映像作品を手がけたのは、KIRIHITOの旧友であり、テレビCMをはじめ、奥田民夫のミュージックビデオなどを手がけるミズヒロ・サビーニが手がけている。

KIRIHITO
『Question』

2009年6月3日発売
価格:2,730円
P-Vine Records PCD-26028

1. Sai-bo
2. Flashman
3. 黄昏6PM
4. CQCQ
5. What?
6. On-do
7. Desco
8. No Fun!! no Funk!!
9. Electric Treatment
10. 君にメロメロ
11. Question×U

エンハンスドCD収録映像:
Sai-bo
Kirihito vs desco.tv
(Shinjuku Super Acid Remix)

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場