ニュース

リアルタイムのデジタル地球儀とご対面できる『触れる地球展』7月11日まで

地球に触れる展示イベント『触れる地球展』が、西麻布のギャラリー ル・ベインにて7月11日まで開催されている。

同展では、世界初のデジタル地球儀(実寸の1千万分の1)が展示されており、地球儀にはリアルタイムの気象の動きや渡り鳥の移動などが映し出される。おまけに、鑑賞者は地球儀に触ることで「地球」を動かすこともできてしまう。その他、地球儀をテーブルに埋込んだ「地球テーブル」や「地球茶室」などの空間も出現する。

同展のウェブサイトでは、「地球時代と言われながら、私たちの経験はますます狭い範囲に閉じ込められ、地球に生きるというリアルな感覚を失っています」と説明されている。「地球に触れる」と言えば、常日頃私たちは地球に触れているわけだが、日常生活の中でそんなグローバルな感覚を持つことは難しい。しかし、「地球」という壮大な振れ幅で物事を考えていては、現実逃避、もしくは浮世離れ。実際問題、生活は成り立ってくれない。

それでも、日常に閉じこもらず、この地球に自分とそれ以外に60億人以上の人々が生きているという途方もない事実を想像しながら日常を生きることの充実や楽しさを、この展覧会は気づかせてくれるだろう。会期が短いので、この機会見逃さないでもらいたい。

『触れる地球』展

2009年6月30日(火)~7月11日(土)
会場:ギャラリー ル・ベイン

時間:11:00~19:00(最終日は15:00まで)
休廊日:月曜日
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで